おすすめ記事



仕事のために自腹で自分の仕事道具なんて買うな!

 

 

新卒とかでありがちなこと。

やる気がある新入社員にありがちなんだよぉ。

 

 

新しい職場に入ったら「よーし、この職場でずっとこれから働くんだ!」

とか思って、自前で自腹切って

仕事道具をいろいろ買ってしまうこと。

そして、それを会社に持参して使用する。

 

 

これはアカン。

 

 

会社でどうしても必要になったら会社の経費とかで

買ってもらえばいいのだ。

会社側に頼めば、現場やら事務所で必要な計測道具やら

ファイルやら、なにやらもう忘れたが

そういうのはある程度申請すれば買ってくれる。

 

 

それなのにマイ備品ないし仕事道具を身銭を切って

購入してしまうとか。

普通に社内共有の使いづらい古びれた仕事道具使って

非効率的な仕事していればそれで十分だったのだ。

 

 

会社の仕事を円滑におこなうために、無駄な仕事へのやる気ないし

情熱を出すべきではない。

言われた範囲内で、テキトーに成果出していればいいのだ。

 

 

こっちがやる気だしていようが、会社の上層部は

人件費の無駄だと踏んだら、何の容赦も無く、ごく自然に

お前会社もう辞めれば?とか言ってくるし、パワハラもやるだけやる。

中小企業なんて、上のその時の気分次第でやられる。

 

 

そんないつ辞めさせられるか、会社を去ることになるのか

分からないのに

無駄に会社の仕事をがんばろうとかいうやる気は

絶対持ってはいけないのだ。

 

 

雇われの社員というのは、会社に対して薄情でいいのだ。

いつ解雇というか自己都合退職においやられるか

分からないのであるからして

自分自身も好きなときに仕事が嫌になったら

仕事を放り出して会社を逃げ去っていく権利は当然あると思う。

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール
 

なので、いつでも突然会社を去れるようにするためにも

会社に自分の金で買った私物は置いとくべからず。

先にもいったように会社での仕事がスムーズにできるようにと

購入してしまった自分専用のマイ備品なんぞ

会社に置いておいたら

バックレる時に、それを置きっぱにしたまま

取りに行けなくなり、会社に献上してしまうことになる。

 

 

なので、何度も言うようだが、仕事で必要な物があったら

会社側に買ってもらえるように乞食みたいにお願いしてねだるなり、

またはすでに会社にある物で我慢しておかなければならない。

 

 

そして、いつでも逃げれるように会社に私物は極力おかずに

どうでもいい置いてきても特に損はしない物だけ普段から置いておくべし。

シャーペンとかボールペンとかなんかも、

元々会社に置いてあった古い物だけ使えばいい。

自分の筆記用具なんて持ってくるな。

 

 

職場は、自分の日常的な居場所では無い、という自覚を堅く持つべきだ。

毎日会社に行って自分のために用意されたデスクないし

作業場にひたっていると、そこんとこ分からなくなるんだよなぁ。

それってとっても、かわいそう。

公私混同するな、私達は飽くまで会社に雇われて

金をもらっている立場なんだということを、ユメ忘れるべからず。

 

 

会社の中に自分の居場所なんて、そもそも存在しない。

 

 

 

ああ、あと会社に自分で購入した精度の高い備品を持参して持っていくと

まわりの社員なり従業員が、「その道具使いやすそうだね、貸してくれぇ、貸してくれ~」

とか言って寄ってきますので。

 

そういうこと言われると、なんか調子に乗って、まわりの人の為ということで

つい見せびらかす目的で貸してあげたりするのですが、、、、

盗まれたり借りパクされるので、絶対にやめた方がいい。

 

 

どうしても、なにかしらの精度の高い備品を自分で購入して

職場で使わなければならない、という時は

自分1人で、まわりに知られないように、ひっそりと隠れてやれ。

 

 

<関連する記事>

 

会社勤めして、働くこと自体、もう無理がある時代

 

男で事務職は、民間ではクビ候補だという話

 

 

 



 

<仕事 道具 職場 会社 勤務先 退職 居場所 私物 新卒 自腹 自前 身銭 用意 準備>