おすすめ記事



父親が職場から持ち帰る義理チョコは、全部自分で買ってきた物だ!、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きますよ~。

 

 

目次

 

家族への愛のために、見栄を張る親父は立派だ!という話

世の中には、“色”を怖がる人がいるらしい

 

 

 

①家族への愛のために、見栄を張る親父は立派だ!という話

 

 

なんといいますか、今1月の下旬なのであるが、

何事も行事は早め早めであり、バレンタインデーのチョコ売り場なる物が、

近所のショッピングセンターにすでに設置されており、

今日は日曜日なので、結構賑わっていた。

 

 

まぁ案の上、女性客が多い中、大人の男性オンリーで来ている客も、

何人かいまして、、、まぁそれは、

そこのバレンタインデーのチョコ売り場に、

すでにお返し用のクッキーやらマシュマロまで、ご丁寧に置かれているからであり、

つまり男は貰う物もらったら、とっととチョコくれた女性に返してやれ、

ということである。

 

 

・・・何事も早め早めなのである。

 

 

 

で、なんかその中のいい歳した男客の一人が、

普通に安い500円もするかどうかのチョコを、

たくさんカゴに入れて買っていく姿を見たのであるが、、、、

一体、なんなのであろうか?

 

 

男がチョコ買ってどうするのであろうか、、、それにたくさん。

 

 

 

で、まぁ勝手に想像するところによると、

たとえば、どこぞの家庭の父親が、バレンタインデーとかになると、

会社から夜帰ってくると、

今年も職場から、義理だけど、チョコたくさんもらちゃって~、

お返しが地味に大変なんだよなぁ~、とか

家族に会社の女性社員だかから貰ってきたチョコを

自慢することがあるじゃないですか?

 

 

それで家族に食べきれないから、食べて食べて!みたいな感じで、

分け与えるのである。

 

 

 

・・・けれども実はだれからも、

ちゃんとしたチョコなんて義理でももらえなかったのでは?

 

 

だけれども、それだと家族に示しがつかず、不安を与えるだけなので、

 

(もしかして会社で人間関係うまくいっていない?、という

不安を家族に無駄に与えてしまうのは良くないですから)

 

そういう心配をさせないためにも、

自分の毎月の小遣いないし、懐から、お金出して、

家族のためにチョコを毎年買ってきてあげるのである。

 

 

 

なので、良い子のみんなは、もしも父親が、

そんな人望とかもなさそうで、歳のわりに、

たいした役職にもつけていないにも関わらず、

たくさん安いチョコを持ち帰ってきたら、お~!とか言いながら、

ちょっとリアクションを示した後に、何も余計なこと言わずに、

素直にチョコ食べて、気にしないそぶりしてあげてください。

 

 

それが優しさ、というものです。

 

 

<関連する記事>

 

大昔は、果物が、お菓子と呼ばれていた話

 

砂糖に水入れて、温めるだけで、菓子ができる

(記事中盤にあります)

 

 

 

②世の中には、“色”を怖がる人がいるらしい

 

 

 

 

色といっても、思い出深い(意味深)、特定の色らしいですね。

 

 

なんか過去にすごく嫌な目にあって、その際に目にした色や、

関連する色をずっと覚えていて、

再びその色を目にしたりするごとに、

その色から過去の恐怖を思い出してしまい、

ウワァ~、アゥ~・・・とかになってしまい怖がるらしい。

 

 

なんなんでしょうかね、たとえば、爽やかな青色の真夏の海とかで

足がつって溺れたりしたことがあったら、

青い海だけに限らず、なんか写真とか画像とかで青い色を見る度に

そのことを思い出してしまい、

アバババ状態になるってことなんでしょうかね?

 

 

 

ふ~ん、ということは、他にも色とか目に入る情報だけでなく、

嗅覚、、、つまり匂い(臭い)とかにも、

かいだら過去の辛い記憶を思い出して

怖がる人とかもいるのでしょうのかね?

 

 

 

 

<職場 チョコ 仕事 会社 季節>