おすすめ記事



床が濡れていて滑って転んだので、訴えた話、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①床を濡らした人ではなく、なぜに靴、、、なのか?

②先生が特定の生徒をいじめると、まわりの生徒も同調する仕組み

 

 

 

①床を濡らした人ではなく、なぜに靴、、、なのか?

 

 

海外の話。

 

 

とある人が飲食店に入店したところ、

店内の床の掃除でもしてあったのか、床が水で濡れており、

その人は転んでしまった。

 

 

それで、その人は、自身が履いていた靴の会社を訴えたのであった。

 

 

なんでこの靴の底に滑り止めらしき物ついているのに、滑るんだよ、

機能していないじゃないか、落ち度があるんじゃないのか?

、、、ということらしい。

 

 

けれども、結局裁判では、損害賠償請求なりは認められず、

靴にはなんの落ち度もありません、というよりも、

やはり原因は床にまかれてあった水でしょう、

あなたそれで滑って転んだんでしょう?

、、、ということになった。

 

 

どんな靴だって滑るときは滑るんです。

 

 

 

まぁなんか入店時に、店内の清掃終わった直後とかで床が濡れていれば、

それについて立て札出ているかもですが、、、

 

 

それでも、やはり訴えるのならば、靴の販売、製造元よりも、

その飲食店なのでしょうが、

訴える相手というのは古今東西同じで、金を持ってそうな、

ちょっとゴネれば、いくらかもらえそうな相手を選ぶのがセオリーなんですよね。

 

 

 

②先生が特定の生徒をいじめると、まわりの生徒も同調する仕組み

 

 

なんか、海外だかで、

試しに子供の前に、とあるヌイグルミを用意して、

大人がそれをボコボコにしたのだ。

 

 

そしてその大人がその場から去って、子供だけになると、

大人と同じく、そのヌイグルミをボコボコにしたのだ。

 

 

で、反対に、大人が、その用意されたヌイグルミを、子供の前で、

この人形カワイイね~、とナデナデしてあげると、

大人がいなくなった後も、子供はそのヌイグルミを同じく可愛がるのであった・・・

 

 

 

だから、アレですよ、学校とかで先生が、

特定の気に入らない生徒に目をつけて、

胸ぐらつかんだり、足を蹴ったり、言葉でなじったりしたら、

他の生徒も、、、というかクラスの不良生徒どもも、

こいつはストレス発散に使っていいヤツだ扱いになり、

いろいろとイタズラしてからかったり、頭小突いたりとかし始めるのだ。

 

 

しかし逆に先生が、お前は頭が良いとか褒めて、

特別扱いして贔屓しはじめると、

なんかお気に入りの生徒だから、

手を出したら、アカンみたいな雰囲気に、、、なるのか?

 

 

 

 

<清掃 裁判 製造 損害賠償>