おすすめ記事(スクロールできます)



リア充の書くブログ記事は面白くない、という話

 

 

なんというか、リア充というか

社会に出て立派に給料もらうなり、稼ぐなりして

バリバリ働いているような人が

書くような記事って、なんか自慢げな感じというか

いかにもリアル充実してますよ~

私はこんくらい稼いでいます、こうなるためにはこういった経験が必要とか

上から物言いな感じがするが、、、、まぁ、それはいいよ。

 

 

今回、言及するのは、そういった部分では無い。

 

 

 

なんというか社会に出ていい感じに適合してやっていけている

リア充の書く記事というのは、なんか、、、共感できないというか

現実味がないような気がする。

なんかフワフワしているというか、浮かれ過ぎているような気がするわ。

 

 

まぁ成功した人ですから、

私みたいないろいろすでに人生失敗しまくっている人が

共感できるはずもないのですが、

ブログっていうのは、アレだろ?

なんか社会不適合者がほそぼそと現実ではらすことのできない

うっぷんを晴らしていくような、そういったツールでしょ?

 

 

この時点で、すでにお呼びじゃねぇんだよ。

 

 

 

ブログで稼ごうと思っている人だってアレだよ。

社会に適合できずに、こんな厳しい世の中に出たくないから

自分の少ない引き出し懸命に開けて、いろいろと記事書いて

試行錯誤してアクセス集めて、なんとか月数万円でもいいから

自分の力で稼ぎたいっていう、可哀想な人達でしょ。

 

 

 

そういう人達に比べて、リア充には足りないモノがある。

 

 

それはヒガミ根性だよ!

圧倒的に足りてねぇんだよ!!

 

 

リアルの生活だけは充実しているくせによぉぉおお

 

 

 

そいつ自身はすでにリアルは充実していて満ちあふれているっていうのもあって、

世の中は自分に対して優しいイージーモードみたいな感じで

なんか文章に魂がこもっていない。

なんか、どーでもいいよ~みたいなことしか書いてないわ。

 

 

そんなんじゃ、今の世の中で

あえぎ苦しんでいる人達の心をうつことはできません(笑)

 

 

 

ブログやっている人で面白い記事書く人って言うのは

読んでいて、なんかグッとくる、というか深く共感できて

イメージしやすい記事書くんですよね。

そして内容も泥臭くて、

そして思考と根性が少々ねじ曲がっていて面白い。

ゆがんだ目で世の中を見ているから、常人とは違う視点で

見えるんだよね、現実が。

物の見方が違う、、、まぁしかし世間知らずではあるが。

 

 

けれども、こんなこと考えている変わり者がいるのかって、

そんな感じがする。

 

 

 

リア充は現実にあるもので、すでに足りているので、

なにかを渇望するハングリー精神にかけているので

(人を嫉妬する心とかも欠けてる)

記事も突っ込まずに当たり障りないことしか書いてないし、

たまに自分に対して

自分なんか~とか自嘲的に書いたりしているが、読者に対して

嫌みにしかなっていない。

 

 

その点、社会不適合者ブロガーが、自分をあざ笑うような記事文章書いたら

なんか変に説得力あって、そこが笑えるし、、、、なんか安心する。

 

 

そうコレだ、、、、、、“安心”するんですよ。

すごく。

 

 

読者が記事を読んで、自分よりも下がいて、そいつがなんか

意味の分からない、現実から乖離した変なこと言っている、、、

これが、とてつもなく読者を安心させてくれる。

 

 

そういった記事を読んでいると、心がほころんで、顔の険しさがゆるみ、

自然に顔に微笑が浮かんでくる。

 

 

これが読んで面白い、ブログ記事の面白さの神髄であると思う。

とにかくリア充はブロガーには不向き(笑)

 

 

 

 

 

<面白い ブログ 記事 人気 アクセス リア充 現実味 現実 ブロガー ねたみ 向き 不向き>