もう二度と会わないヤツラの心配なんてする必要は無い

 

 

仕事を嫌になって放り出して逃げようとする時に

仕事を放り出すな、あとに残ったヤツラがどんな思いをするのか

考えたことがあるのか!とか言われることもあるかもしれないが、

そいつらが今後自分の人生においてもう二度と会わなそうなヤツラであれば

そんなことしったことではない。

なんとかしろよ、って思う。

 

 

薄情とかいわれるかもしれないが、

一度逃げ出してしまい、完全に音信不通を貫けば

もう職場のヤツラとはどこかで会うことは皆無である。

 

 

世の中狭いとか、どこかであう、とか、そんなことはない!

 

 

もう会わないのだ、こちらから会おうとしなければ。

もう顔なんて見たくもない。

 

 

 

そんなヤツラに仕事を押しつけて逃げてきたところで

そいつらはしばらくは苦労するだろうが、自分は楽できるので

ほんとうにそういうことを想像するだけでも

胸がすいたような気持ちになる。

 

 

で、そいつらが自分に対して、どのような感情を抱いていて

どういうことを言いたかろうが、連絡を取らなければ知ったことではない。

 

 

 

所詮自分の人生において、自分の勤めた職場のヤツラだなんて

モブキャラでしかないのだ。

 

 

モブキャラにもモブキャラなりの人生があったとしても

それが自分の人生になんの関係があるのだろうか・・・

 

 

どうなろうが知ったことではない、短い人生、

他人がどう思ってどう過ごそうが、自分になんか関係があるのか、

いやない。

 

 

 

なので、もっと自分の好き勝手に動いても良いのではないか?

 

 

会社勤めとかしていると、配慮がない、とか

もっとまわりを気遣えとか、お前こそが好き勝手やっている

嫌いなお局にそういうことを言われることがあるが、

(お前が言うか!)

いざとなったら、、、もうそこの職場辞める気分になったのであれば

そういう戯れ言はまったく聞かなかったことにして

日頃、踏みにじられた心の戒めを意図的に解放して

めちゃくちゃ無責任になってみてはいかがだろうか?

 

 

意外と、特になんのペナルティも社会的にないのである。

職場は確実に去ることになっても。

 

 

そのことに早く気付くことだな。

 

 

 

あと、もう過去は振り返るな、過去におこったことが

未来にまたおこるなんてことは、そうそうないのだから。

 

 

過去の出来事はある程度参考にはなっても、

過去の出来事に心が縛られないようにしなければいけない。

 

 

なんか今いいこと言ったような気がします。

 

 

 

まぁすべて放り出したら、すべて放り出したなりの明日が来るんですよ。

そして思っていたよりもすがすがしいのですよ。

なぜならもう嫌な職場行かなくてもいいのでもう二度と。

関係は終わったのですよ。

その程度の関係なんですよ。

 

 

SH


ぜんぶ、すてれば

 

 

 

<離職 退職 別れ 出会い リフレッシュ>