おすすめ記事



タバコでガンになり訴えたらスゴイ額が出た話

箱

 

 

どこぞの海外の、とある地域の話。

 

 

未成年の時から、約50年間タバコを吸い続けた男が

とうとう肺ガンになってしまった。

 

 

なので、その男は、とりあえず自分が愛用していた銘柄の

タバコ会社を訴えることにした。

 

 

理由は、一応、

「 おたくの会社のタバコを吸い続けたら

ガンになってしまうことなんて

おたくは私に一切教えてくれなかった! 」

、、、ということだ。

 

 

なかなかスジが通っている理由じゃないですか(笑)

タバコのパッケージとかに書いてある警告文言を

ちゃんと読んでいたのか?

 

 

それで、その裁判に参加していた

一般人の裁判官みたいな人達が、

その訴えた男のいうことは、もっともだ!、、、ということで

とりあえず男から、タバコ会社への「3兆円」ほどの

賠償請求を認めることにした。

 

 

さ、、、さん、ちょう、、、えん?

 

 

ふぁっ!

 

 

・・・そして、その3兆円の内訳は

ガンになってしまった、男への精神的な慰謝料が

大体1億円ほどで(??)

残りは、全部、そのタバコ会社を懲らしめるための

罰として与えるべき賠償金、、、

だということらしい。

 

 

ほとんど3兆円全額

会社へのペナルティじゃねーか(笑)

 

 

たんに、

その裁判の審理に参加した

一般人からなる裁判官達が

そのタバコ会社のこと、

めちゃくちゃ嫌いだっただけなんじゃねーのか?

とか思ってしまうほど。

 

 

けれども、その後

「 さすがに3兆円は、タバコ会社には払えまい 」

ということで

タバコ会社の支払う金額は

3兆円の1000分の1の金額である、30億円となった。

 

 

それでも高いよ!

なんか感覚がおかしくなりそう・・・

だけど、一応、現実的なマシな金額になったのか?

 

 

、、、っていうか、そもそも、なんで

50年間、自分の意思で、タバコを吸い続けてきた男に対して

タバコ会社が

金銭的に責任を、とらされなきゃならんのだ?

 

 

 

 

<煙草 タバコ 喫煙 癌 継続 賠償 国家予算 規模 賠償金 請求 治療 損害賠償 金額 裁判 訴訟 判決 海外 外国>