おすすめ記事(スクロールできます)



<歴史>いつから電話で「もしもし」が使われているのか?

 

 

すごく、うろ覚えで話しますので、ご理解を。

 

 

 

どうやら、もしもし?と、言い始めるようになったのは、

明治時代かららしいですね。

 

 

そりゃそうだ、電話が入ってきたのは明治時代からですからね。

 

 

 

で、もしもし、という言葉が、どうして使われるようになったかは、

詳しくは知りませんが、

なんか丁寧な言葉を略した言葉でして、、、

 

 

当時、電話をかけたら、すぐには相手に繋がらず、たしか一度間に、

なんか「どこに、つなぎましょうか?」という感じで

オペレーター(交換手)が入って対応したので、

その人が、依頼を受けて、

どこかの誰かさんに電話をつないであげて、

その時に、「あ、電話繋がりました?あなたと会話したい人がいまして・・・」、

という感じで、「申し上げます」とか言っていたのが、

いつの間にか、申し申し、とかなったとか、なんとか聞きましたがねぇ。。。

 

 

 

まぁそれに当時、電話かける方も、かけられる方も、

偉い立場の金持ち連中に限られていたらしいですからねぇ、、、

 

 

(まだ、そこまで庶民に普及していなかった、、、)

 

 

、、、というのもあって、丁寧な言葉を使うようにしていたんだとか。

 


 

 

でも、最初は、「おいおい」とか言っていたらしいですが、

(なぜに気安く呼び止める感じなのか)

なんか電話が最初に導入された時のデモで、

電話を取り次いだオペレーター(男性か?)が、

「お~いおい!」みたいなことを言っていたらしく、

なので、その言葉が一時、

オペレーター間で使われるようになってしまったらしいですが、、、

 

 

しかし次第にオペレーターの女性の数が多くなると、

丁寧な言葉で、申し上げます、という意味で、

そして当時の電話の声が聞き取りにくかったこともあり、

「もしもし?」といった感じで、

略して2回繰り返す感じなのが主流になったとか、なんとか。

 

 

そして、それがいつの間にか、気付いたら、

電話かけた時とか、かけられた時とかに、

「もしもし~?俺だよ俺~」、、、といった感じで、

庶民にも電話が広まった頃に、

日常的な、電話を繋いだ時に言う言葉として、

よく使われるもの、として広まっていたらしいです、

年月とともに徐々にね。

 

 

 

・・・ちなみに、完全にどうでもいい話ですが、

私自身は、電話かけたり、とる時に、

「もしもし」という言葉は、あまり使いませんね。

 

 

電話かかってきたら、「・・・ハイッ」みたいな感じで、

相手から名乗ってなんか話しかけてくるか待っていますね。

 

 

どうでもいい電話だったらガチャリですね。

 

 

 

で、逆に電話をかける時には、

「・・・あの~、スミマセン」とか言って、

やはり、まず始めに相手の出方を少しうかがうスタイルですかね。

 

 

ちゃんと電話かける相手間違っていないか、

相手のリアクションをうかがってしまうんですよね~。

 

 

 

<関連する記事>

 

最初の電話の持ち主は、最初に誰に電話をかけた?

 

フリコメ詐欺は、メールよりも電話の方が心に響く?

 

 

 

<歴史 電話 言葉 応対 明治時代>