おすすめ記事(スクロールできます)



車の運転中に、窓の隙間から蜂が入ってきた話

 

 

 

知り合いの話。

 

 

結構前の話なのですが、当時、

まだ春になったばかりだというのに

初夏並みの暑さになったことがあった。

 

 

なので、運転中、クーラーはさすがにまだ早いからということで

運転席側の窓をほんの数センチだけ開けていたらしい。

 

 

一応、他のまわりを走っている車のタイヤとかではじかれた小石やら

飛んでいる虫やらが入ってこないように、、、とか思っていたらしく

ほんのちょっとだけ、、、ということで開けたらしい。

 

 

けれども、なんかその運転中に、いきなりブンブンいう虫が

運転席側の窓に衝突して、そのままはじかれるかと思いきや

ブンブンと窓をスライドしてきて、

ちょっとだけ開けた数センチ程度のあいだから、

勢いよく車の中に飛び込んできた!

 

 

 

 

 

で、入ってきた蜂自身も、さっきまど外飛んでいたのに

いきなりなんか変なところに入り込んでしまったぞ!?と

言わんばかりに、

走行中の車内を右往左往して飛びまわったんだとか(笑)

 

 

運転手だったらたまった状況ではないですね~、フフフフ。

 

 

 

で、一瞬急ブレーキを慌てて踏みそうになったけれども

助手席にちょうど同乗していた、そいつの友人が、

刺されようがどうしようが、急にとまるな!とか

すぐに言ってきたらしい・・・

 

 

どうやらその友人は入ってきた蜂を見て、すぐに

あの警戒心の強い大きなブンブンではなく、

花の蜜が大好きな小さなブンブンだと気付いたらしい。

 

 

それで車の真後ろに、後続車がほぼピタリと着いていたから

ブレーキだけは踏むな、と忠言したらしい。

それに車のスピードもある程度出ていたらしいので・・・

 

 

 

それで、その後、すべての窓をすぐに全開にしたら、

蜂もようやくを出口を見つけたと言わんばかりに

喜んでサッサと出て行ったらしい。

 

 

その出来事以来、知り合いは、

少しでも暑かったら車窓なぞ開けずに

クーラーを仕方なくつけるようにしたらしい。

まぁ多少ガソリン代はかかるが、、、あんな目にもう会いたくないらしい。

やっぱ動揺していたのかぁ。

 

 

まぁ窓をちょっとだけ開けるにとどめておけば、

なにもたぶん入ってこないだろうと思っていたが、

やっぱ入ってくる時には、入ってくるということですね、

不意打ち的に。

 

 

そんなことあったらパニックになるわ。

え?今何入ってきたの?もしかして蜂か?

それか、、、セミ?(夏場なら)

ブンブンなんか勢いよく飛び回っているし、車内!とか

運転手は慌てる、たぶん。

 

 

そういう話を聞くと、車で走行中窓開けるのを

ためらうようになりますよ、ホント。

 

 

 

・・・それかいっそのこと、オープンカーとかで

窓どころか、天井も完全に空いている車にでも乗った方が

いいかもしれませんねぇ、、、、乗れるもんならねぇ!

そんな高い車にぃぃ。

 

 

 

蜜量倍増 ミツバチの飼い方: これでつくれる「額面蜂児」

 

 

 

<運転 虫 窓 侵入 自動車 不法侵入 恐怖 慌てる ビビる>