おすすめ記事



逃げ出した九官鳥を返せ!と訴えた話

 

 

今から100年ほど前の話。

 

 

ある日、いきなり自分の庭に九官鳥が飛び込んできて

どこの誰のモノかも分からないし、居着いたので

まぁおそらくどこからか脱走してきたのだろうということで

そのまま自宅で飼うことにした人がいたとか。

 

 

話しかければなんでもしゃべるし、

愛でながら長く飼い続けた。

 

 

 

で、そのあと数年経った後に

いきなりその九官鳥は俺が飼っていた物だ!とかいって

警察官を数人つれてきて、家の敷地内にどかどかと入ってきて

九官鳥を奪っていく人が現れた。

 

 

で、もちろん、おそらく他人のモノだとは思っていたが

長く飼い続けて世話してきたのだし、

そもそもいきなり現れてペットを奪っていった人が

本来の飼い主なのかもよく分からないのだから

このまま黙っているわけにはいかない、ということで

民法に基づいて返還請求訴訟を起こすことにした。

 

 

で、その民法の根拠条文に書かれていることいわく、

他人が飼っている家畜以外の動物を、他人の物だとは知らずに

1ヶ月以上飼っていた場合には

(元の所有者からの返せという請求もなく1ヶ月過ごす)

その所有権を取得するという内容であった。

 

 

で、裁判がどうなったのかというと、

最初は、そのどこからか逃げてきた九官鳥を数年飼っていた人の

請求を、裁判所は認めていたが、、、

 

 

しかし、あとから九官鳥は家畜だから、民法の条文、

つまり法律には当てはまらずに、

返還請求は認められないとか言い出した。

 

 

 

でも、九官鳥の面倒を見ていた人は諦めなかった、

そもそもいきなり持ち帰ってしまった人が

本当の所有者かも分からないので、まだ争う余地ありとかみた、、、らしい。

 

 

今度は、その九官鳥は、そのいきなりやってきて持ち帰った人の物では無く

別の誰かが持っていた九官鳥である、なので、あなたの九官鳥ではない!

とか主張して、方向性を少し変えて争いだした。

 

 

でも持ち去った方は、この九官鳥は私の物に変わりは無い、と

主張を曲げずに自分の物だと言い張る。

 

 

で、裁判所側も、まぁ、いろいろ調べるのであるが

やはり、それ相応の根拠ないし証拠があったらしく

その九官鳥は、他の誰の物でもなく、

その鳥は自分の物だ!とか言って、

いきなりやってきて持ち帰った人が本来の所有者である、

そして九官鳥は家畜だから、法は適用されず、長く世話をしていた人に

所有権は移転しない、ということになった。

 

 

 

まぁうろ覚えであるから、、、あれなのですが・・・・

まぁ大体こんな感じでいいでしょう。

 

 

 

 

あと、どうでもいい話ですが

九官鳥は江戸時代に初めて国内持ち込まれたらしいのですが、

やはり100年前には普通に飼われていたのですね。

 

 

あと九官鳥たまに町中でみかけますが、アレ、よくしゃべりますよね、

よくあそこまで、いろいろしゃべるわ、と感心しましたよ。

 

 

 


オウムは今日も考えている

 

 

 

<関連する記事>

 

江戸時代は、人だけでなく“トリ”も島流しの刑になった?

 

手品師の使うハトは、自前で飼育している話

 

 

 

<民事訴訟 判決 昭和 歴史 所有権>