おすすめ記事(スクロールできます)



同じ内容の遺言書が2枚あると、どっちが有効?

 

 

今回は  遺言書 (自分の死後の、自分の財産の処分方法について言い残すこと)

について、です。

 

今回の記事の登場人物は

A= 90歳過ぎた、おじいさん

B= Aの息子 (長男)

C= Aの息子 (次男)

、、、、、の3人です。

 

 

Aがそろそろ私も歳だし、いつお迎えが来てもおかしくない

遺言でも残しておこうかと思って、

今まで働きながらも私の面倒をよく見てくれた、

私の息子長男Bに

自分の死後、今私が住んでいる家をあげようと思って

① 「私が死んだら、Bに、私の今住んでいる家をあげます。」

と遺言書を書いて残したとしましょう。

 

しかし、Aはかなりボケていたために、その遺言書を書いたことを忘れてしまい

次の年(翌年)に、

私の息子の次男Cは、

無職で金がなくて困っていたなぁ、そうだ、だったら

自分の死後、今私が住んでいる家をあげよう!と思い立ち

② 「私が死んだら、Cに今私が住んでいる家をあげます。」

と、またもや、遺言書を書いて残してしまいました。

 

・・・・そして、そのあと、ほどなくしてAさんは逝ってしまいました。

 

 

 

この時点で、遺言書が①と②の2枚ありますが、

どちらの遺言書も

「Aの住んでいた “家” をあげる」

という内容ですが

もらい手は、①の遺言書はB、②の遺言書はC、となっていて、

違っています。

 

はたして①と②のどちらの遺言書が優先して有効になるのか?

というと、結論から言うと

② の遺言書が有効となります。

 

それはなぜかと言うと、

ちょっと民法1023条はっておきますので見てください。

 

 

(前の遺言と後の遺言との抵触等)

 

民法 第1023条

 

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、

後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。

 

 

つまり、どういうことかというと

① と ② の遺言書はともに

「Aの住んでいた家を○○にあげる」という内容ですが、

さっきも同じ事を言いましたが、

もらい手が

① の遺言書ではB、②の遺言書ではC、

なっていて、違っているので、内容が矛盾(抵触)していることになります。

 

 

このように遺言書の内容が 矛盾 している場合、

どちらの遺言書が “後に” 作られたのか? で

優先順位が決定します。

 

ということで、①の遺言書は撤回されたことになって無効となり

② の遺言書が優先して有効となります。

よってCが、Aの家をもらうことができます。

 

 

・・・・・・しかし、もしも

Aの残した遺言書①の内容が

「私が死んだら、Bに、

私の今住んでいる家が建っているところの “土地” をあげます。」

という内容だったのなら

① の遺言書も、②の遺言書も、両方有効となります。

 

なぜなら、

① の遺言書は「Aの土地を、Bへやる」

② の遺言書は「Aの家を、Cへやる」

といった内容になったので

もらい手は違っていても、もらえる物(財産)は

それぞれBは土地、Cは家となっており

内容が矛盾(抵触)するところがありません。

 

よって、どちらの遺言書が後に作られたのか? とかは関係なく

両方の遺言書はともに有効です。

 

 

*** 感想 ***

 

 

こうして、今回、遺言書についての記事を書きましたが、

(記事というか法律の問題みたいなことを書いてしまった)

遺言書なんて、実際に残されると

相続人(身内)同士の揉め事の種になりますので、

残さなくてもいい と思います。

 

どうせ不平等な財産分割内容が

遺言者の感情にまかせて書かれているだけですし。

 

基本的に自分の死後、自分の財産をどうするかは

それを相続する人同士で話し合って決めさせた方が

遺言書を残すよりも上手くいくものです。

 

それに遺言書(自分の死後の財産の処分内容)を残しておこうと

考えるくらい財産を持っているのであれば

自分が生きている間に、遺言書なんて書かずに

とっとと自分の相続人となりそうな人に

多少なりとも財産を分け与えてほしいものです。

自分が死ぬまでみんなをじらす気か?

 

自分が死んだ後のことを考えるよりも

今、自分がこうして生きている間に、何ができるのか?を

もっと考えていただきたいものです。

 

 

 

SH

 

 

 

<関連する記事>

 

遺言に従いパソコンを湯船に沈め破壊したら犯罪か?

 

海外には遺留分の規定がないのか?

 

 

 

 

<遺言 遺言書 相続 財産 資産>