退職時に本当の辞める理由を言わない理由とは?

 

 

 

 

なんか新卒で入社した会社で

社長が

「会社嫌になったら辞めてもいいけど、引き留めもしないが

必ずなにかしら事前に辞める理由なり不満なり一言いってくれ、

ある日突然辞めます、とか言うのは辞めてくれ」

とか言っていて、、、、

 

 

最初その話を聞かされた時は、?みたいな感じで

辞める理由くらいそのまま言えばいいんじゃないか、

なに力込めて、そんなこと言っているんだ、この人、とか思っていたが、

いざ自分がそこの会社を、どうにかして辞める番になったら

会社を辞める理由を言えないってことがよく分かったし

事前に社長に相談するとかいうことも一切できない、ということが

身にしみて分かった。

 

 

社長に相談したところで理解されるわけもないし、

(「はぁ何言ってんだ?コイツ」とか思われる)

たとえ社長が、少しは理解を示して、なにかしらの対応を一時的にしてくれたとしても

それで、どうにかなる問題じゃないのだ、、、、

 

 

本当にもうどうしようもないから、

問題がどうあがいても解決できそうにないから、すぐにでも

無駄にあがいたり、揉めたりもせずに、すみやかに辞めたい、、、、

そういう気持ちになるのだ。

 

 

それに退職する理由は、まぁもちろん人間関係にもあるっちゃあるが、

なんというか一番は会社の仕事内容だ。

 

 

人間関係自体は、仕事さえできれば、

まぁそんなにヒドくも無ければ、なんとでもなるが

仕事内容が理解できずに、仕事についていけず、仕事ができなければ

これほど苦しいことはない、、、、と思う。

 

 

もはや、ついていけないし、ついていく気力も無い。

すでに情熱も、やる気も失われた。

精神的に消耗してしまった。

 

 

(まわりの人に頼るのはもってのほか、

自分の都合で迷惑をかけてはいけないし、

たとえ助けてくれたとしても、

自分は何かしらの見返りを、その人にかえすことができるのか?

まわりの人だって、それぞれ多かれ少なかれ問題を抱えているのだ。

甘えてはいけない、他人にも自分にも)

 

 

 

つまりは、たどっていけば自分自身の問題にいきつくのだ。

自分の能力がどの程度とか、会社の仕事への考え方の問題。

 

 

職場が自分に都合良く変わるわけでもなし、合わないのなら

続けていけそうにも無いのなら、苦しくてたまらないのなら

自分から辞めて、、、つまり自分自身が自分に合いそうな

違う職場を求めて去った方が楽だし、効率が良いのだ。

 

 

まぁ短期とかで辞めたら

世間からは良い目で見られないが、今の世の中

結構、多種多様な仕事があるので、

もっと視野を広めてみるべきだ。

受け皿は、ちゃんとある。

 

 

必ずしも息苦しい中小企業の中でしか

働かないといけない世の中でもない。

 

 

 

話は、ずれてしまったが、

会社とか職場を辞める時には、あたりさわりない理由でいいと思う。

本音なんか話す必要なんて微塵もないし、そこらへんは経営者側も

なんとなく察している。

経営者側(社長側)も従業員に本音なんか話されると面倒くさい。

 

 

 

・・・ああ、バイトであればシフト入っていても

不満があれば、いつでもバックレても全然問題無い。

辞める理由さえとくに伝える必要も無い。

別に保険とかにでも入っていなければ。

そもそも短時間の労働であれば、バックレて解雇されても、ノープロブレムでしょ?

たかが所詮バイト、正社員では無い。

 

 

 

 

SH

 

 

 

<関連する記事>

 

新卒で入った会社の最後の出社日の思い出

 

再就職前に、前職を辞めた原因を自分の中ではっきりさせろ

 

 

 

<退職 理由 辞める 沈黙 静かに 黙秘 仕事 職場 会社>