アイスを燃やして食べる料理とは?、他

 

 

うろ覚えで、3記事分、書きますよ。

 

 

目次

 

焼いて食べるアイスクリームの話

なかなか家から帰らないヤツの言い分とは?

カメに近づいたらいけないキマリの話

 

 

 

①焼いて食べるアイスクリームの話

 

 

世の中には、アイスクリームを

焼いて食べるお菓子が存在するらしい。

 

 

といっても、なんかアイスクリームのまわりを生地で包んで、

さらになんか卵を泡立てた物をまわりにつけたりして、

それをオーブンで、ササッと焼くらしい。

 

 

そうすると焦げ目がつくのではあるが、

中のアイスクリームは溶けておらずに

そのまま美味しく食べれるらしい。

 

 

 

で、どうして溶けないのかというと、

やはり、少しの時間、まわりに付けた卵が固まるまでの

時間しか温めないというのと、この卵が熱を中まで通さない

役割をしているためなんだとか。

 

 

この仕組みに気付いたのが、なんかお菓子職人とかではなく、

学者だったとかなんとか聞いたのですが・・・

 

 

 

なんかそういえば、アイスクリームの天ぷらとかいうのも

聞いたりしますね。

 

 

衣だけつけてササッとあげれば、できるんでしょうかね。

 


 

 

②なかなか家から帰らないヤツの言い分とは?

 

 

友人が家に来ていて、

なかなか帰らなくて早く帰って欲しいなぁ~、

とか思っていた人がいた。

 

 

それで、外が、曇ってきて、そろそろ雨が降り出しそうであったので、

そろそろ雨が降りそうですねぇ~、傘持ってきているんですか?、、、とか

やんわりと帰った方が、、、、と言ったら、、、

 

 

今から雨が降り出しそうなんですから、スミマセン、

傘持ってきていないんで、

もう少しいさせてもらいます、

今から帰っても途中で雨が降り出しそうなんで、、、とか言ってきた。

 

 

 

それで仕方なく、しばらくいさせてあげたら、

(傘貸してやろうか?、、、とか言うのも忘れて)

一通り雨が降ってきた、

そして、雨があけてきたので、

雨がやみましたよ?、、、と、告げたら、、、、

 

 

 

これで急いで帰る必要もなくなりましたね!、、、とか言ってきたらしい。

 

 

 

③カメに近づいたらいけないキマリの話

 

 

どこぞの海岸には、ほどほどに大きいカメがいる。

 

 

たまにそのカメが姿を見せると、地元民ではない人達が見かけたりすると、

あ、カメだ~、ということで、

そのカメのまわりに、ワラワラと群がってきて、

携帯で、カメの同意など得ずに、

一方的に一緒に、ピースしてパシャッと写メをとったりして、

今、カメと一緒ナウ!、

出会ってすぐにフレンドになっちゃいました~、

なので、これから海中の城へと連れて行って貰います!、とか

拡散したりするのだ。

 

 

そして、実際に乗れるかな~、ということで、カメの背中の甲羅を

ポンポンと触ってみたりするのだ。

 

 

 

でも地元では、そのカメはとても大事な生き物であり、

敬うべき存在らしいですので、

どこから来たか分からんよそ者に

そんなに気軽に接して欲しくはないのであった。

 

 

なので、そのカメが海外にいる時に、

そのカメの半径何メートル以内には入ってはいけません、、、

 

 

入ったら違反金、数万円もらいます、、、とかいうことになっているらしい。

 

 

 

まぁしかし、そういうキマリがあっても、

知らずに近づく人がいますので、

地元の人が海岸で、そのカメを見かけたら、なんか

そのカメの周囲を

なんかキープアウトみたいなヒモで囲って、

中に入らせないような処置をするらしい。

 

 

 

 

<お菓子 天気>