おすすめ記事(スクロールできます)



焼き芋を家庭で作ると、甘くない理由とは?

 

 

今現在、2021年の1月中旬ですが、、、

 

 

なんていいますか、昨年の年末は

コロナだからか来ませんでしたが、石焼き芋屋の軽トラックを

見かけませんでしたね。

 

 

で、その軽トラで販売されている石焼き芋っていうのは、

買って食べてみると分かりますが、甘くて美味しいですよね?

 

 

なので、家でも、サツマイモを食料品販売店だかで買ってきて、

それを、料理で使う温める機械だかで、

ほどほどに加熱するなりして温めてめて、

それで、もういいかな?、と、芋に触って確かめたら、

それなりに熱くなったからといって

口にしてかじってみると、、、甘くないんですなぁ。

 

 

なに?そんな簡単につくって出せる味じゃないのか?とか思うかも知れませんが、

そりゃ簡単に手間かけずに素人が作れたら、商売にならんでしょ。

 

 

石焼き芋売りに来る人達は、、、ねぇ?

 

 

 

で、どういう理由で、かと言いますと、

そもそもじっくりと時間かけて、熱して温めないと、芋は甘くならないのですよ。

 

 

焼き芋の甘さといったら、その芋の中に含まれる糖分ですが、

最初から有るわけではなく、

その糖分はどうやって生まれるのか、というと、

芋の中のデンプンが、じっくりと熱されることによって

分解されてできるらしいのです。

 

 

 

つまるところ、じっくり熱さずに、せっかちな感じで、ガァッ~と、

すぐに温めて、焼き芋らしき物を作ろうとすると、

デンプンはうまく分解されずに、

そのままで甘みとかあまりない状態になるということ。

 

 

けれども石焼き芋を販売しているところは、

軽トラでやってくるとこもそうですが、

ショッピングセンターとかで販売されているのを見ればわかりますが、

なんかずっと温めていますよね?

 

 

だからこそ、しっかりデンプンがあますところなく分解されて、

糖でみたされて、かじると甘い、焼き芋ができる、、、らしい。

 

 

 

・・・あと余談ですが、焼き芋の移動車が来なくなったのは、やはり、

まぁ家庭でも頑張れば、ちゃんとした甘い焼き芋を作れないこともないし、

(じっくりと調理すればね)

やはり売れなくなったから?・・・なんですかね。

 

 

コロナとか関係無く。

 

 

なんとか部屋の窓から見ていたのですが、

や~きいも~、おいしぃ~よぉ~!、、、

はや~く、こなぁ~い、とぉ、いっちゃ~ぅよぉ~、、、とか、

いい感じの声で運転手が、近年まで叫んびながら車運転していましたが、

誰も寒くて出てこなかったからですね・・・

 

 

ここ住宅街なのに、誰も一人も出てこなかったですし。

 

 

まぁ普通にショッピングセンターに行けば、

そんな移動車で売っているほどの高い値段でもなく、

そしてさほど、焼き芋屋の車で売られているほどの、

ホカホカでもないですが、焼き芋、それなりに保温されて売られていますからねぇ、

時期になるとね・・・

 

 

(家に買って持ち帰ってからも、ちょっとレンジでチンして食べれば、結構甘くて美味いですよ、それなりに)

 

 

やっぱ、焼き芋欲しさに、家から、

焼き芋を販売しながら、ゆっくり移動している車を追いかけて、

寒い外へ、わざわざ歩いて出るのは、手間なんですよ。

 

 

<関連する記事>

 

正社員で一日中、芋を袋に詰める単純作業をさせられた話

 

<江戸>サツマイモ栽培禁止令とは?なぜ禁止?

 

 

 

<焼き芋 販売 甘さ 理由 秘密 調理 料理>