無料ロッカーの鍵返す心理を他に転用できるか?

 

 

無料のコインロッカーって知ってますよね?

 

 

最近見たのでは、近所のショッピングセンター内で

見かけたのですが、、、

 

(フードコートで飯食ったりゲーセンで遊んでいる間に

買い物預けておく用か)

 

 

 

あの100円入れて使用できるロッカーなのですが、

鍵かけて荷物を預ける際に100円入れなくてはならないものの、

荷物取りに来た時には、100円が返還されるとかいう仕組みの

アレですね。

 

 

なんか公共施設や、銭湯とかでも見かけられるらしいが

なぜ無料なのに、わざわざ一応担保として

100円入れなくてはならないのかというと

そういうちょっとした物を一時的に担保として預かることによって

やはりなんかちゃんと鍵返して、荷物とりにこなくちゃとか

思うらしい。

 

 

 

どうやら、100円とか預かるような仕組みにしないと

荷物ロッカーに預けて、まぁあんな荷物取りに行かなくてもいいか、とか

思ってしまい、鍵をなかなか返しにきてくれない人がいるらしいので、、、

 

(取り忘れ、ということもあるでしょうが)

 

 

またイタズラ半分にカギだけかけて、

カギを持っていってしまう人もいるかもですし。

 

 

みんなやはり100円でも返して欲しいですし、

なんというかロッカー借りるときに、少額でも100円出さないといけない、、、

たとえ戻ってくるとしてもお金一応ださなきゃいけない、

ということになると、

そういう荷物取りに来ない、とかそういうことが減るんだとか。

 

 

心理的な効果があるんですねぇ。

 

 

(まぁしかし100円ではさすがに担保としては少額すぎると思いますが、

せめて200円か300円ぐらい出させるようにすれば、

ほぼ忘れず取りに来ると思いますが)

 

 

 

・・・で、まぁ、そういう無料ロッカーの100円預かって

鍵を返して貰うような方法をなんか他にも転用することって、

できそうな気もしますが。

 

 

たとえば、本とか無料で貸し出しする時にでも、

本1冊貸し出すのつき、100円預かるとかいうことにすれば

ちゃんと返してもらえるようになるのではないか?

返却を滞納する人とかがいるところでは?

 

 

で、もちろん返すときには、100円返すであるとか、、、

 

 

まぁ本返しに来た人が、

本借りた時とは別人(身内の他の人)だったりして

その人に担保として預かっていたお金返したりしたら

面倒くさそうなことになりそうですし、

お金を預かること自体、いろいろ手間もかかりますし、

やっぱ面倒ですかね?

 

 

 

やはり確実に本人が直接返しに来るであろうもの以外では、

う~んって感じですかね。

 

 

 

ああ、あと鍵をちゃんと返して貰おうという以外にも、

100円出させることによって一人で、いくつもロッカーを

借りさせない効果も働かせているらしい、、、

いろいろ考えていますねぇ。

 

 

SH


ビジネス心理学大全 (日本経済新聞出版)

 

 

<関連する記事>

 

借りた本を返却ポスト入れたのに返還の催促電話きたら

 

購入したゲームアカウントの本当の持ち主から「返せ」と言われたら

 

 

 

<仕組み 無料 小銭 返却 返還>