おすすめ記事



面倒になって投げ出した、本当に無駄な資格勉強の話

 

 

大学生時代、授業以外はバイトなどしていたが、

それでも時間がありあまっていて、

特にサークル活動とかもしていなかったので、

何か就職も見据えて資格でも勉強して取ろうかと思いました。

 

 

でも、勉強を始めたはいいものの、資格試験とか、

そういう物をまったく受けずに、途中で勉強するのが面倒くさくなって、

投げ出してしまった、、、とかいう、資格がいくつもあるのですよ(笑)

 

 

どの資格が、、、とは、今回さすがに具体的に言ったりはしませんが、

一番思い出深い資格を話すと、

なんか通信教育で、毎月教材送ってきて、

それに添付されている問題集をといていき、

先生に見てもらい、丸付けをしてもらう、

それを何ヶ月も続けていたら、修了証書だとかもらえて、

あとは、自分で試験受けて、がんばってください、とかいうのを、

1回したことがあるのですが。

 

 

3万だか払ったんでしたっけ、、、なんかその資格の教本、

ちゃんとした本が、書店とかにまったくおいてなかったから、

(レアな資格といえば資格、、、面白そうだったからとろうと思った)

仕方が無く、通信教育で最新の教本受け取りながら、

勉強しようとか思ったのですが、、、。

 

 

途中で我に返って、なんでこんなもん勉強しているんだ、

こんな資格とったところで、社会に出て役立つわけがない、と、

学生ながら思ってしまいまして。

 

 

しかし、すでに3万円払ったので、仕方が無く、惰性で勉強を続けて、

3ヶ月くらい、問題集ちゃんと書いて、返送したのですよ。

 

 

今考えれば、本当に無駄な時間だったが、、、あと金も。

 

 

当時の金銭感覚はどうかしているわ、たいして金も持っていなかったのに、

なんでそんな資格勉強に万単位で金使うのか、今考えれば意味不明。

 

 

時間もあったんだから、暇つぶし程度に、

もうちょっと楽しんで気軽に勉強しとけばよかったかも、

(大金である3万も払ったし)

とも思いますが、、、やはり毎月、教材送られてきて、それを見て、

問題集をしっかりといて、送り返す、、、というのは、

なかなかの精神的プレッシャーであった。

 

 

で、3ヶ月くらいで、問題集を、といて送り返すのをやめたのですが、

一応そのあと、しばらくしたら、毎月送ってくるはずの教本と問題集だけ、

勝手にまとめて送ってきてくれましたかね。

 

 

(・・・あと修了証書も、なぜかもらえました(笑))

 

 

まぁ一応、3万円払いましたからね。

 

 

 

・・・なので、それ以降、なにか資格の勉強してみよう、とか思い立ったら、

すぐに本格的に教材とかを買い集めたりせずに、

まずは、簡単な教本を1冊だけ買ってきて、

それを、しばらく眺めているだけ、、、ということにしています。

 

 

それに今現代、なんかの勉強してとる資格を、がんばって取得したとしても、

それで評価されるわけでも、実務に反映されるわけでもないですので。

 

 

よほど高レベルの資格でもないかぎりは。

 

 

 

 

<資格 取得 勉強 無駄 暇つぶし>