おすすめ記事



求人がたくさん出ていても、就ける仕事が無い理由とは?

 

 

まぁなんというのか、ネット上の求人とかでも、

そこらにある仕事の求人票とか見ていても、

仕事だけはたくさん載っていますよね?

 

 

人がいないので、増員とかなんとか書かれている。

 

 

こういうの見ていると、こんな世の中だけれども

いざとなれば仕事はあるんじゃないか?、、、とか、

勘違いしがちだが、、、実際は仕事なんてないのだ。

 

 

っていうか、もうちょっと詳しく言えば、

まともな人にできる仕事がない、と言えばいいのか・・・

 

 

 

世間にはたくさん職場があって、

レジ作業であるとか、工場内軽作業とか、

いろんな仕事の求人が出ていて、そういうのを見ていると、

自分もそこでしばらくがんばって仕事していたら、

ちゃんと仕事を覚えて、その職場にしばらくの間、定着するかも、、、

 

 

とか、思ってしまうかもだけれども、それは無理だ。

 

 

なぜなら、世間にはたくさん職場が、働く場所があるけれども、

その大半には、しっかりと、ろくでもないお局が定着しているからだ。

 

(それかトップに難ありか・・・)

 

 

特になんか良さげな職場または仕事だなぁとかいうところには

必ず性格の黒い、意味の分からない性格をした、嫌みなヤツが

しっかりと定着して、絶対辞めようとはしないのだ。

 

 

美味そうな果実には、しっかりと虫が寄生しているアレだ。

 

 

そんなヤツがいるところに、とりあえずやってみないと分からないじゃないか!

仕事さえこなせれば文句はないんだろ?

ということで、飛び込んで仕事始めて見たとしても、無視されて

基本的な仕事教えてくれないか、

 

(または間違った仕事の仕方を丁寧に教えてくれる、

そして上司から叱られたら、笑いながら知らんフリをする)

 

嫌な仕事を一方的に押しつけられるか、

陰口たたかれて、ありもしない事実を職場にまきちらしたりして、

とにかく間違いなく嫌気がさして、最初はこれくらい耐えられると思っていても

数ヶ月後には、疲れ切って、辞めてしまうに違いがないのである。

 

 

そして、ちまたで出ている求人というのは、こういった職場の求人であって、

求人出した店長や経営者なりは、しばらくの穴埋め的に

数ヶ月だけでも働いてくれたら、それでいいや~、とか

しっかり定着してほしい、とかそんなことはまったく考えていない。

 

 

あわよくば、もっとキカン人間がきて、今いるお局を

自らの手ではなく、そいつが追い出してくれないか、とか、

ちょっとだけ期待していたりするのだ。

 

 

とにかく、こんな世の中で、求人出しているところが

ろくな求人ではないですし、

新規に出来た職場での求人でも、すぐに、

どこかの職場を追い出されたお局格が、お、ここでなら覇権握れそうかも、

とか思って、チャッチャッとやってくるのであった。

 

 

 

・・・とにかく今のご時世、基本的にみんな他に行くところもないので、

今ある仕事、今居る職場でのポジションを他者に奪われぬように

しっかりとしがみつくようにして働いているので、

上がどう思っていようが、現場で働いている人達は

新規参入者には、冷たいし、

入り込む余地も与えようとはしないのである。

 

 

<関連する記事>

 

<就活>会社見に行ったら、普通の民家だった話

 

いつ給料払われるのか分からない会社の話

 

 

 

<求職 仕事 就職 バイト パート 仕事探し>