おすすめ記事



今の時代、訪問営業くらいしないと物は絶対売れない!

 

 

<今の世の中、受け身では決して物は売れない、誰も買ってくれない>

 

 

なんか、家とかアパートとかのポストにチラシを入れたりして、

それに、この商品を欲しい人はここへ連絡とか、書いたりして、

配りまくって、リアクションがあった人(連絡くれた人)に、

商品の説明とかしたりして、あわよくば買ってもらおう、、、

 

 

わざわざ連絡くれて、電話で、なにか尋ねてくる人は、

商品に興味の有る人だから、

そういうリアクションをくれる人を待っていれば良い、とか

思っていても、そんなリアクション自体、全く無いでしょう。

 

 

ポストに投函されたチラシは、家の人が、チラシだけに、

チラッと見て、なんだ、ただの販促チラシか~、と思ったら、

即ゴミ箱行きである。

 

 

(またメールとかでもそうですよ、

なんか商品販売のメール来ても、

一々開いたりして、内容を見たりはしない。

 

また電話でのセールスでさえも、セールスだと思われたら、

そっと静かに受話器を置かれます。)

 

 

 

やることはやった、とノンビリ待っていても、

誰も買いに来てはくれません、

そんな有名どころの商品でもなければ。

 

 

 

じゃあ、知名度のない商品売るには、

どうすれば売れるのか?というと、昔ながらの、

自宅訪問などする、訪問営業ですよ。

 

 

まぁ追い返されたり、文句言われたり、居留守使われたり、と、

訪問する側からすれば、かなりメンタルが強くないとできない

販売形式ですが、、、物を売るには、これなんですよ。

 

 

直接、会って話をする。

コレ以上に、相手の心を響かせる方法はないでしょう。

 

 

上手く、これで販売出来る人は、やはり口が上手いのと、

何回も嫌がられて断られても、また次の家へと向かえる精神力もありますが、

やはり、人に何かを売るのがゲーム感覚レベルで好きな人だったりする。

 

 

コミュ力が高いというレベルではなく、

人生で初めて会う人にで、

その人がちょっと物事を断るのが苦手そうやみるや、

これは脈ありだと勝手に思って、踏み込んで、

惜しげも無くズケズケと商品説明して、コチラのペースに巻き込んで、

購入する方向へと導いてしまう・・・

 

 

そんなに高い物でもなければ、意外と、仕方ないという感じで、

買ってくれる人もいるらしいです。

 

 

 

 

 

<営業 ノウハウ 商品 販売 商売 仕事 会社 訪問 方法>