おすすめ記事



<歴史>食品ラップは、元々、軍用品だったらしい

 

 

 

うろ覚えで書く。

 

 

 

台所、キッチンでの必需品として、

どこの家庭でもラップ、、、ありますよね。

 

 

冷蔵庫の近くとかに置いてありますよね。

アレ便利ですよね。

 

 

アレで食品を皿にのせて、上から包んで、冷蔵庫の中に入れると、

なんか鮮度が保たれるん、、、ですよね。

 

 

 

で、そのラップであるですが、

元々、昔、世界大戦時に戦場で使われていた道具とかを

湿気とかから守るために使われていた物が起源らしい。

 

(やはりシートらしき物なのだろうか?)

 

 

 

当時、戦場で使われる道具は、湿気に弱い物多かったみたいですから。

需要はあったのかもしれませんね。

 

 

しかし、あっという間に、大戦は終結してしまい、

製造元としては、なんか他に日常で使い道はないのか、

どこかに需要はないのか?、、、とか考えたらしいですね。

 

 

はじめての発明―アイデアを商品化して収入を得る方法

 

・・・で、そんな中、その製造元に勤めている

仲の良い男社員2人が、

それぞれの自身の妻をつれて、

晴れた陽気な日に、ゆらりとピクニックに出かけるのであった。

 

 

いろいろ今後のことを、思い詰めて悩んでいても仕方がない、

とりあえず休みの日は気分転換しようじゃないか、、、ということで。

 

 

 

その時に、それぞれの妻達が、

そろそろお昼だし、何か食べましょうか、

昼食にお弁当を持ってきましたわよ!、、、ということで、

なんか知らんが、

ちょうど良い包む道具だと思ったのか、

夫の勤務先の会社で製造されている、

そのなんか湿気から道具を守る物で、

野菜とかのオカズを包んで持ってきていたらしい。

 

 

だって家に大量に置いてありますからねぇ~。

 

 

で、さて食べようか、と思い、パリパリと

その包む物から、オカズの野菜サラダを剥がしたら、

なんとすごく鮮度が保たれているではありませんか。

 

 

野菜が、まだシャキシャキしているじゃないか!

 

 

たしか朝に包んで持ってきた物でしょ?

今、昼なのに、こんな長い時間、鮮度が保たれるなんて、、、

 

 

 

それを食べた、それぞれの社員夫達は、

これはもしかして、、、使えるかも、とか思うわけですよ。

 

 

あとは、それを食品の品質保持にむけて、

さらに改良して、なんか巻くためにシンにでも巻き付ければ、、、

ハイ、できあがり。

 

 

完成したのは、今で言うところの食品ラップであった。

 

 

 

これで食品を包んで、当時、すでにあった三種の神器の1つであった、

アレに入れても(ヒント、さっき言いました!)

鮮度が、しっかりと保たれているぅ~!

 

 

これは、新たな需要の発見であり、

家庭生活での新時代の幕開けであった。

 

 

 

ひと目でわかる! 食品保存事典 簡単! 長持ち! 節約! (講談社の実用BOOK)

 

 

 

<歴史 起源 由来 語源 発明 保存>