おすすめ記事(スクロールできます)



<思い出>高校時代のクラスが、ハーレム地獄だった話

 

 

高校時代、寺の坊さんの息子と同じクラスになったことがある。

 

 

というか、そもそも私の高校時代のクラスが異常だった。

なんか文学系のクラスに推薦入学で入ったのであるが、

 

(その高校に入りたかったのであるが、レベル高いので

普通に入試受けていたら、落ちていたので、中学の成績良かったし

そこの文系のクラスに、

とりあえず推薦で受けてみることにしたら、、、、受かってしまった)

 

 

なんと、男子2名、女子30名のクラスに入ってしまった。

もちろん私は男子。

 

 

・・・笑えるだろ?、、、でも事実なんだぜ?

 

 

どうやら元女子校で、私が入学する20年ほど前に共学になったらしいのであるが、、、

とりわけ、その推薦で入った文系のクラスが、、、、アレだったらしい。

 

 

どうかんがえてもハーレムクラスであったのであるが、

女子30名全員、みんな男勝りであったので、

気が強くて、あと個性的すぎて、

入試受けずに推薦で

楽してそこの高校に入ろうとしただけの一般人である私は、

かえってクラスで居場所をなくすことに、、、、

これが世に言う、ハーレム地獄か?

 

 

はっきり言って浮いた話も何もないが、むこうも私のこと

男としてまったく見ていなかったと思う。

 

 

(しかし体育の授業の前になると、いつも教室追い出されて

空いている無人クラスか、部室かで着替えるさせられることに、、、

苦い思い出だ)

 

 

 

はっきり言って、当時クラスでまともに会話できる人もおらず

登校拒否になりかけたのであるが、

部活が私を救ってくれた。

 

 

クラス内に居場所が無くても、部活内では居場所があり

人間関係も、部活自体も楽しくて、高校時代うちこめることができた。

まぁ3年生なってから早々、退部させられることになったのであるが・・・

 

 

(しかし、その頃には、もういろいろともうすぐ卒業だ、ということで

割り切れていて、いろいろとグダグダであったので、

女子ばかりのクラス内もゆるかった。)

 

 

 

で、もうひとりの私以外のクラスの男子が、

どんなヤツだったかというと、

そいつはどこぞの寺の坊さんの息子で

あと、、、なんというかオカマみたいなヤツであった。

 

 

そいつは私と違いそれなりにクラスに溶け込んでいたらしいが・・・

一体なんなんだ、変わったヤツであった。

 

 

そいつとまともに会話出来るようになったのは、

やっとこさ高校3年生になってからであった。

それまでクラス内で話すことなんてなかった。

 

 

3年になるまでクラス内でも、まともに会話したこともなかったし、

体育の時間に、他のクラスと合同で体操とかしていたのであるが、

私は、そいつとは一緒にペアで体操したことはあまりなかった。

 

 

仲が良くなかったというよりも、

なんかフィーリングがあわなかった。

当たり障りない会話くらいはしたが。

 

 

で、そいつは、学校祭とかの行事ある時に、

よく女装して、校内を走り回っていた。

 

 

ルックスが、男子のクセに、女子よりでカワイイ系、、、男の娘っていうのか?

そういう感じなので、セーラー服とか着てても、よく似合っていた(笑)

 

 

 

なんというか、ものすごく変なヤツであった。

まぁそんな男子2人で、女子30人なんかのクラスに入ってしまった

私も大概であるが、、、、あれだ、運が悪かった。

 

 

そんなクラスになると知っていれば、ランク落として別の高校に行っていたわ。

間違いなく。

 

 

 

で、そいつとはやっと3年生になってから、、、

私が部活を3年の4月早々に退部してから、暇になったので

放課後にクラスで居残っていたら、なんかいろいろ話すようになりまして・・・

それから、少しだけ仲良くなった。

 

 

で、まぁ少しだけ仲良くなったまま、そのままお互いに高校を卒業してしまった、

あっという間であった。

 

 

 

で、卒業後、そいつはどうやら、どこぞの大学に4年間行ったあとに

またどこぞの専門学校に行ったらしい。

(人づてに聞いた)

家が寺なので金はうなるほどあったらしい。

 

 

それで、なんかその専門学校で、自主制作映画だかを作っていたらしいのであるが、

その映画の内容というのが、

寺の坊さんが、寺に人妻を呼び寄せて、淫行するとかいう、

意味の分からない映画を作っていたらしい。

そしてその脚本を、そいつが作っていたらしい(笑)

 

 

 

で、その専門学校を卒業後に、実家の寺に戻ってきて

家業の坊さんをつぐことになったらしい。

 

 

まぁそれが無難だろうなぁというか、最初からそのつもりで

大学4年間と、専門2年間、好き放題していたのであろう。

 

 

で、そいつと、たまたま高校卒業後10年くらいした後に

偶然、近隣のショッピングセンターであったことがあるが、、、、

その時に、高校時代なつかしいね~とかいう会話をした。

 

 

最初、たまたま歩いていて再会した時に、

私はそいつのカオ忘れていたのであるが、

むこうは私の顔覚えていたらしく、むこうから声かけてきた。

 

 

まぁ私は、昔の同級生にたまたま出会って、あいてに気付いてても、

干渉せず声かけずにスルーするタイプですが。

 

 

会話をして思ったが、特に何も変わっていなかった、、、、、お互いに。

脳内はお互いに、高校時代のあの頃のままであった。

っていうか、高校以来だし、お互いの共有の思い出は

高校時代にしかないんですけれどもね。

 

 

<関連する記事>

 

とあるクレープ屋のハーレム接客について

 

酒の入る同窓会は、絶好の出会いのチャンスな理由とは?

 

 

 

<学生時代 思い出 クラス>