おすすめ記事(スクロールできます)



昔の配達員はリボルバー携帯していた話

 

 

うろ覚えで書く。

 

 

 

昔、どうやら明治時代に入ってから、すぐに

配達員には法律かなんかで

銃の携帯が許可されていたらしい。

 

 

どうやら現金配達とかもおこなっていたらしいので

そこに目をつけられることがあったとかいうことで。

護身用ってことですかね。

 

 

というか、昔の配達員はもちろんなにかしらの乗り物とか

使わずにどこへ行くにも歩いて行ったらしい。

もちろん馬とかにものっていないらしい。

 

 

っていうか、そういうのが通れるような道が

まだ今みたいに整っていない時代。

 

 

 

とにかく山だろうが徒歩で行ったらしいですね。

おかげさまで道に迷うこともあったらしいですね。

 

 

しかも、今みたいに道が整っていない時代ですので、

基本的に道は、田舎道であってもそうですが、

さらに山道やであれば険しく、

しかも雨とかふったらもっと大変なことに。

 

 

あと町とか人が集まっているところでさえ、

街灯やらがまだあまり無い時代なので、

そこから離れた僻地や山の中となると、配達が遅くなると

真っ暗であった。

 

 

で、なにも配達員を狙うのは金目当てとかの人だけでは無く

山とか森の中を通ると、

クマやら野犬やらイノシシやらの獣衆が、こんにちは~、と

気軽に挨拶するために現れることもあったらしいので、

そういった動物たちに出会った際には

コチラも挨拶して返すために銃口を向けることも

許可されていた。

 

 

 

・・・なんというか、そんなことまでして

人里離れた場所へ、配達物を届けにきてくれるなんて

当時は、どんだけな仕事だよって思った。

 

 

なんか猟師さながらですね。

 

 

 

で、配達員には銃の携帯が当時許可されていたのですが、

それに比べて、その頃のポリメンはというと

まだ銃の携帯が許可されておりませんでした。

 

 

じゃあ何持っていたのかというと西洋刀、、、ただの刃物でした。

 

 

まぁ配達員みたいにクマやら荷物目的に

出会う可能性も少ないですからね。

 

 

 

ポリメンが銃を持てるようになったのは、配達員が銃持ち始めてから

約半世紀後のことでして、50年くらいたった後であった。

 

 

その頃、ちょうど不興やら自然災害の影響により、

治安が良くなかったので

ポリメンも銃を持つようになったんだとか。

 

 

 

で、いつまで配達員が銃を持ち続けたのかというと

ちょうど戦争が終わったあとくらいまでですので、

その間、約80年近く配達員は銃を携帯しながら

配達していたんですねぇ~。

 

 

結構長い期間ですねぇ。

 

 

 

 

<歴史 明治時代>