おすすめ記事



半信半疑の情報は、時間が経つと確信に変わる理由、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①時が経つと、実際に、すでに過去あったことになっている

②大昔の目の手術は大抵失敗した話(その後どうなった?)

 

 

 

①時が経つと、実際に、すでに過去あったことになっている

 

 

人から聞いた、誰かの情報や話、噂は、

聞いた当時は、なんか胡散臭いな~、

まぁ事実だったら面白いとは思うけれども、、、とか思う、

最初は半信半疑な状態であるのだが、、、

 

 

時間が経過するにつれて、なぜか確信、、、というか、確実にあった、ことに、

当時、その情報を聞いた人の脳内に、そう置かれてしまうのである。

 

 

これはなぜかというと、、、

 

 

まず情報を最初に提供した人が信用に足らない人でも、

その情報自体が、本当だったら、面白いだろうなぁ、という内容だったら、

聞いた人の頭の中に、、、つまり記憶に、なんとなく残るのである。

 

 

それで、時間が経過して、誰か知人とでも昔話の会話をしている時にでも、

当時、あんな話あったよね~、と唐突に、その話題になった時に、

ああ、たしか、誰々が何々したんだよね~、、、とか、もう否定せず疑ったりせず、

もう、そうした、という確定事項になっているのである。

 

 

記憶もうろ覚えであるのだが、

知人との会話を盛り上げるためにも、当時の面白い話や、情報、噂を確定事項として、

尾ひれ、はひれ、付けて、面白そうに話すのである。

 

 

当時は、その情報を、どこでどういう感じで得たのか、

ちょっと本当かな~と、疑ってしまったこと、とか、

そういうのは、もうどうでも良いのである。

 

 

 

②大昔の目の手術は大抵失敗した話(その後どうなった?)

 

 

大昔の目の視力が低下した時の治療法としては、

まぁいろいろ目に、当時の薬みたいな物をテキトーに入れてみて、

効果がなければ、やはり、とりあえず切開して中を見てみましょうか?、、、

ということになったらしいのだ、、、ヒェ!

 

 

まぁ、何百年前、またはもっと前、たとえば千年前とかになると、

すごい名医でもない医者が、

そんな手術なんてして、無事に成功することなんてありませんでしたので、

 

(現代みたいに医療技術が発達していないのに、

テキトーな医者が、そんなデリケートな感覚器官を、とりあえず手術してみて、

特に知識もないのに成功なんてするわけがないし、

現代でも難しいでしょう)

 

 

、、、っていか目を適当に切ってみて、中を覗いて、知識も無いのに、

こうかな?ああかな?、、、と、いじってみて、

良くなることなんかありませんでしたので、

やはり、改善するどころか、、、またまた現状維持どことか、、、

そのまま失明することも多かったとか。

 

 

まぁ、その積極性だけは買いますがね、特に患者の同意がちゃんとあればね。

 

 

 

 

<情報 過去 思い出 噂 歴史 医療 治療>