昔のダーツの的は、木を輪切りにしたのを使用した

 

 

うろ覚えで2記事分、書きます。

 

 

目次

 

年輪や、切断面に入ったヒビが、より的としての役割を・・

なぜか神々しい名前を付けられてしまった鳥の話

 

 

 

①年輪や、切断面に入ったヒビが、より的としての役割を・・

 

 

なんか知らんが、そもそもダーツっていうのは、

木を輪切りにした物に、短くした矢を投げて遊ぶ物であったらしい。

 

 

もちろん素手で矢を投げて遊んでいた。

投げやすいようにするために矢を短くしたんだとか。

 

 

近距離から的をいるのであれば、弓で射るよりも

手で投げた方が良いですし、

自分の手で投げるのであれば

的のどこらへんに正確に当てることができるのか、

競った方が、面白いでしょう。

 

 

そして木を輪切りにしたものを的として使えば

木の年輪が、切断面に描かれていますので

それのどの部分にあてられるのか、

年輪の内側か外側にあたったのか、、、とかも

判断しやすいですし。

 

 

それに木の幹を輪切りに切断して、

それをずっと的として使っていれば、

使い込まれたり、乾燥したりして、なんか知らんが、

もともとあった年輪の他に、切断面にヒビとかも入って

より的の当てる部分が細分化されて、

今現代のダーツの的っぽくなってきた。

 

 

 

 

それが昔のダーツであったのだが、

もっと昔に、さかのぼるところによれば、

木を輪切りにした物を使う前は、

お酒とか入れていた、タルの底を使用していたりしたらしいですね。

 

 

けれども酒のタルを使うのは、まだタルは使用されるので、

もったいない、、、ということになって、

木の輪切りにした切断面を的として使うようになったとか。

 

 

 

②なぜか神々しい名前を付けられてしまった鳥の話

 

 

なんか、神々しい名前を付けられた鳥がいるのですが、

なんか、どこぞの木にとまっていて、

なかなかいい発音の鳴き声で、綺麗に鳴いていたので、

それの様子を見た人が

容姿というか、色合いもなんかいい鳥であったので

なんか素晴らしい名前を付けられて、

ありがたや~みたいな感じで、ずっと、あがめられたのであるが・・・

 

 

実は、その良い発音で鳴く鳥は、その鳥自身ではなく、

近くにとまっていた別の鳥の鳴き声だという話ではないですか。

 

 

なんか名付けられてから、

大分たって、本当に、素晴らしい声で鳴くのか、

気になって調べられたことがあるらしい。

そしたら判明したんだとか。

 

 

その鳥自身はグゲェゲェ~みたいな感じ鳴くのであった・・・

 

 

だから、やはり鳥の世界でも、人間には容姿で判断されるという話です。

 

 

しかし鳥同士も、もちろん容姿でペア探すとか、

関係あるらしいですけどね。

 

 

 

 

<歴史>