おすすめ記事



普段から毒に耐性をつけすぎて、自殺できなかった話、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①毒に耐性をつけすぎて、もはや毒飲んだだけでは無理!

②大昔の脅迫状には、よく「放火してやる!」と書かれた理由

 

 

 

①毒に耐性をつけすぎて、もはや毒飲んだだけでは無理!

 

 

大昔の話。

 

 

とある当時の偉い人が、暗殺されないようにするために、

日々、自ら、

いつ誰かに毒を盛られても大丈夫なように、

毒を自身の体に、取り入れ続けていた。

 

 

そうやって免疫をつけるなりして、毒への訓練をしていたのだ。

 

 

そして、いろんな毒をとり続けた。

 

 

だって、暗殺者にどんな種類の毒を盛られるのか、分からないので、

とりあえず植物毒やら魚類の毒やら昆虫毒やら、

あとはなんか金属系の毒やら、マニアックなのも、

なんでもとり続けた。

 

 

それらの毒を継続的にとりつづけるために、

敷地内で、毒をもつそれらを育成したりなどもしていた。

 

 

なかなか用意周到ですね。

 

 

しかし、いろいろあって、その偉い人は、

なんか処罰されることになりまして、

その前に、自ら命を絶とうとかしたらしいですね。

 

 

で、簡単に、あまり苦しまずに、あの世に逝けそうなのが、

やはり毒なのですが、

ためしに毒を使ってみたところ、やはりダメであったのだ。

 

 

日々、自ら、毒への耐性をつける訓練をしていたことが裏目に出てしまった。

 

 

、、、しかし、訓練をした成果は出てしまった。

 

 

 

なので最後は、毒を使わずに、道具を使ってなんとか、実行したらしいですね・・・

 

 

なんか考えさせられる出来事ですね。

 

 

 

②大昔の脅迫状には、よく「放火してやる!」と書かれた理由

 

 

 

 

昔は、放火予告が脅迫のトレンドだった理由について・・・

 

 

みんな大好き、お江戸の時代の話。

 

 

当時の建物が、大体ほとんど木造だったし、

そんな建物が密集していたら、一軒でも小火を出しただけでも、

どうなるか想像できますよね?

 

 

だからこそ、あなたの家に火をつけてやろうか?ん?などという、

脅迫文言が使われて、そんなことを書かれた脅迫状を家の玄関だかに、

そっと置かれたりしたら、悪質だと思われた。

 

 

そして悪質だからこそ、悪意を持つヤツは、

そんなことを進んで書いて送りつけたのであった。

 

 

当時、流行の脅迫言葉だったんですね。

 

 

 

だからこそ、当時の法律とかには、

そういう放火する旨を書いた紙を送りつけたら、罰します、

と行為を特定して定められていたりする。

 

 

 


1お知らせ・お願いの手紙

 

 

 

 

<歴史>