客に紙とペンを持たせて合法化を試みた話

 

 

どこぞの海外での話。

うろ覚えで書く。

 

 

そこの地域では、どうやら店(飲み屋)とかで

ショー的な感じで裸で踊ってはいけないらしい。

でも、例外としてはなんかアート的なものであれば、法的にOKだったらしい。

 

 

つまりたとえば、美術教室でのモデルの裸デッサンとかだったら、

そういうのはまぁ構わない、とかいうことであった。

まぁとにかくそういうことであった。

だって勉強のためだもんね。

 

 

 

でも、そんな中、そこの地域のとある店は考えたらしい。

どうやって店の中で裸踊りをしても違法にはならないか。

 

 

ああ、そうだ、店の中での行為もアートにしてしまえばいい。

そのためにはどうすればよいのか?

 

 

客に紙とペンを渡して、それを持って店の中で

裸踊りを見てもらおうと思ったのであった。

 

 

これで法的にも全然大丈夫であろう。

 

 

 

で、どうやら最初は少人数で、おもしろいね~、という感じで

店の中でおこなっていたらしいのであるが、

なんか客に紙とペン持たせて、合法とするようなことおこなっている

面白そうな店があるということで、噂が流れて

たくさんの客がくるようになったとか。

 

 

で、そうなると、どうなるか?

ある程度、極秘裏に少人数で楽しんでいる分には、お上も

何も言わなかったが、さすがに連日客が多く集まるとなると無視できず、

取り締まることにしたらしい。

 

 

 

けれども、店の店主は抗った。

これはあくまでもアートであり、店の中で毎回

客同士が集まってデッサンの勉強しているんだと、

それを防がないでくれい、と。

 

 

でも、お上はまったく引かずに、

たんにいつも客は

店の中で酒飲んで裸踊り見て楽しんでいるだけじゃねぇか、

どこが勉強なんだよぉ~、と。

 

 

まぁモデルが踊っている時点で、、、

その踊り自体も、客楽しませるのが目的で、

それはもうアートとかではないとかいうことで、

さらにお上からあれこれ言われたんだとか。

 

 

 

店の発想自体は面白いけれども、

やっぱ多人数が店の中出入りするようになると

密室の中での、限られた客というわけでもないですので、

誰にでも公開されているものとして、ショーだと思われるのが

一般的ではなかろうか。

 

 

 

筆ペン1本でちょこっとイラスト

 

かわいくて とっても楽しい! 紙のおもちゃ

 

図解・いきなり絵がうまくなる本 (メディアファクトリー新書)

 

 

 

 

<勉強 飲み屋 絵描き 模写 勉学>