おすすめ記事(スクロールできます)



1200年ほど前の大昔、放火犯は杖で滅多打ちに決定、他

 

うろ覚えで、テキトーに3記事分書く。

 

 

目次

 

やっと放火の罪を重く見るようになったのか?

すぐ隣にいたから、お互いに手が届いてしまった話

人は自分の生活と直接関係無い人とは比較しない

 

 

 

①やっと放火の罪を重く見るようになったのか?

 

 

今から1200年くらい前の話。

 

 

うろ覚えで書く。

 

 

 

当時は、放火した人は、大体懲役3年くらいと、

当時の法律で定められていたんだとか。

 

 

結構、軽いですね。

当時は軽く見られていたのか。

 

 

 

(まぁ懲役といっても、

当時今みたいな刑務所なんてありはしませんので、

なんか仕事だけ与えてさせていた、

なんか町中で工事とかで使っていたとか。

 

たしか今みたいな感じで刑務所に人を収容させるのって

明治時代からだったはず・・・)

 

 

 

けれども、ある時、町の住宅密集地で

放火によりそれなりの規模の火災が起きたらしい。

 

 

まぁ建物が木造であれば、燃えやすいですし、

密集していれば、他の家へと延焼しますよね、そりゃ。

 

 

 

で、これの件から、え?もしかして放火ってヤバくね?

みたいな感じになって、罪が一気に重くなった。

放火を再発させないためにも、

罪を重くしないととか思ったんでしょうかね。

 

 

放火の刑罰は、重い感じに変更された。

 

 

 

で、放火をした人は、その後どうなるのか、というと、

棒だか杖で滅多打ちの、フルボッコにされる、

という極刑になってしまうことになった。

 

 

人前で見せしめに刑を執行したのか?なんとか。

 

 

 

・・・まぁ江戸時代になると、放火犯はたしか、

火には火を!ということで、火あぶりの火刑になるのですがぁ、、、、

 

 

どっちもアレですね。

 

 

 

②すぐ隣にいたから、お互いに手が届いてしまった話

 

 

とある人が混んだ乗り物内で、

スリが他人の財布をポケットから抜き取ろうと手を入れたが

手をつかまれてしまった。

 

 

「なんなんですか?この手は?」

 

 

スリが答えるところいわく、

 

「スミマセン、唐突に鼻水が出て、鼻がかみたくなったのですが、

ティッシュを取り出そうと

自分のポケットに手を入れようとしたら、

すぐ隣にいたあなたのポケットに、つい手が入ってしまいました」

 

 

(ポケットが膨らんでいたし、、、

ティッシュと同じ膨らみ程度の財布が入っていて<笑>)

 

 

そしたらポケットに手を入れられた人は、

「・・・そうですか、以後気をつけてください」と、

答えた。

 

 

 

で、しばらく乗り物に揺られながら、お互い無言であったが、

財布をすられそうになった人が、突然、

財布を抜き取ろうとした人の顔を、

力強く、バシッ!と叩いた。

 

 

それで答えるところいわく、

 

「スミマセン、顔がかゆかったので、

自分の顔に手を伸ばそうとしたら、

すぐ隣にいた、あなたの顔に手があたってしまいました」

 

 

 

③人は自分の生活と直接関係無い人とは比較しない

 

 

なんというか、人は皆、

他者と自分とを比較してしまうものであるが

自分とはあまり利害関係にない人とは

無意識には比べないものであるらしい。

 

 

たとえば職場とかがいい例ですね。

もろに収入とかに直結して、生活を左右しますから。

 

 

職場に一緒に入った同期がいて、

そいつが自分よりも立場が上になってしまい、

しかも収入まであがったら、

出世して大変だなぁ~、

私は出世したくないから別にいいやと思いながらも

やはり思うところはあるのである。

 

 

自分よりも先に出世してしまったが、

なんかそんな自分よりも仕事ができるとは思えないのに~、

とか思いながらモヤモヤするのであるが。

 

 

 

しかし、これが、自分と同じ会社に入社したのではない、

別の人であればどうだろうか?

 

 

社会に出てから久々に学生時代の同級生と会って、

そいつが別の会社に入って出世したとか聞いても

はぁ~すげぇ、とか思うだけで、別になんか特に思うだろうか?

 

 

まぁうらやましい、とは思うかもだけれども、

別に自分と同じ職場フィールドで競争しているわけでもないので、

そこまででもないのでは?

 

 

 

・・・なので会社で先に上にいった同期と自分との待遇の差とかを

比較してしまいモヤモヤしているのは、そいつと同じ会社にいる間だけであり、

自分がその会社なり職場を辞めてしまえば、なんの関係もなくなるので、

しばらくすればまったく自然と比較しなくなるでしょう。

 

 

 

<歴史 法律>