おすすめ記事(スクロールできます)



現時点で自分の持つ力を、どのように生かすか考えろ、他

 

 

なんとなくで、そしてうろ覚えで、

2記事分、書きます。

 

 

目次

 

ただ努力することよりも、考えることの方が必要です・・

お通夜に綺麗な紙幣を持っていくのはダメだった?

 

 

 

①ただ努力することよりも、考えることの方が必要です・・

 

 

なんていうか若い頃であれば、努力すれば、あれができる、

これができるとか、無根拠に考えて、

いろいろチャレンジしてみたりしますが、

やればやるほど、試してみればみるほど、、、

 

 

いつか自身がこんなに無力だったのか、

上には上がこんなにいすぎるのか、

ということを知ることになるのですが、、、

 

 

まぁそれはそれで成長したということです。

 

 

 

つまりただ上手になるために、上を目指すために努力していても、

所詮程度が知れる、ということを自覚すれば、あとは

どのようにオリジナリティを出していくかってことでしょう。

 

 

なぜなら自分より上はたっくさんいるけれども、

自分と同じヤツは、さすがにいませんので。

 

 

癖にしても、考え方にしても。

 

 

そう考えることができるようになると、気が楽になります。

 

 

 

そうなると、あとは自分のオリジナリティというものを、

いかに確立して、どこでそれを表現するのか生かすのかって、

ところでしょう。

 

 

 

まぁオリジナリティうんぬん言っていますが、

これはたしかに逃げ、ではありますが、

それでも、そうするしかないですし、

別に向上心自体を失ったわけではないですので、

自分なりにまだ伸ばせれるだろうと思うところは

努力して、上へは至らなくても、

多少なりとも良くしていくことはできますので。

 

 

それに限られた時間の中で、

自分が活躍できるところがどこにあるのか、

どういう感じでなら活躍できるのか、

いろいろあーだこーだと考えていくっていうのが、

ただひたむきに努力して、今より上手くなることを目指すことよりも

大事なことだと思いますが。

 

 

人間って言うのは、今現状、自身が持つ物を、いかにして活用していくのか、

考える生き物でしょうに。

 

 

一旦、手を止めてでも、じっくり考えてみるべきでしょう。

 

 

 

<関連する記事>

 

努力の方向性を間違えたら、徐々に修正すればOK

 

目標はハードル下げた方が実現可能性が上がる理由とは?

 

 

 

②お通夜に綺麗な紙幣を持っていくのはダメだった?

 

 

とある誰かの話。

 

 

そいつは昔、若い頃、どこぞの勤め先に勤めていた頃に、

(もちろん社長のワンマン経営)

そこの会社の経営者の親族がパタリとなってしまったため、

なぜかパートを除く正社員全員が、そのお通夜だったか、に

参加するハメになってしまったのであるが、

(葬儀に出れるのは幹部だけ)

別に倒れた人とは、正社員全員まったく面識無いどころか、

社長の息子でさえ、誰だっけ?という感じであったとか。

 

 

で、それで、若かったそいつは、

一体いくら持っていくのか知らなかったので

嫌いな上司に仕方なく、社員はいくらくらい包むべきなんですか?

と聞いたら、普通に5000円でいいんじゃない?

俺はもっと包んでおくけれども、お前くらいだとそんくらいだろ?

とか言われたらしいです。

 

 

さすが社長の金魚のフンみたいな存在なだけはあるって感じで。

そんな感じでいたる機会で微妙にコビを売り続けていたから、

それなりの役職につけたんだろ、こんな会社で、、、とか思ったとか。

 

 

 

まぁとにかく、そんなやりとりが過去にあったらしいのであるが、

しかし1つ問題があったらしい。

 

 

この時、そいつの家にあった五千円札というのは、

新しいピン札しかなかったらしいのだ。

 

 

綺麗なお札であったとか。

 

 

しかし、これではいけないのであった。

 

 

なぜならそんな綺麗なお札だと、

このような自体を想定して以前から、

新しくて綺麗なのを用意しておいたのではないか?

とか疑われてしまうからである。

 

 

特に社長親族で経営している、会社では、

そういった誤解を少しでも生まぬように、

雇われ社員達は細心の注意を払わなければならなかったとか。

 

 

なので、少しでも使い古した、

汚らしいお札に工夫して見せかける必要があった、とか。

 

 

なんか、そこまで繊細に気遣いしなきゃならないとなると、

面倒くさいですね~。

 

 

 

 

<努力 未来 実り 思考>