おすすめ記事(スクロールできます)



1000文字未満の記事でもガンガンあげるべき理由

 

 

なんていうか以前、大分前ですが、

なんかの返信で、ブログ記事読んだのですが、

サッパリしていて分かりやすかったですし、

長ったらしくなくて、読みやすかったとか、言われたことがありました。

 

 

なんていうか、やはり検索順位的には、

それなりに1記事の文字数が2000字であるとか、3000字であるとか

じゃないと、検索良くならんとかいわれてますし、

まさにその通りだと思うのですが、、、、

 

 

なんていうか、やはり言いたいことだけサラッと書いたら、

とっととあげた方がいいと思うんですよね、個人的に。

 

 

まぁ以前からずっとそうしていますので、

1記事に1000字未満の物がすでに大量にあるのですが。

 

 

 

やっぱ内容とかが薄くても、

(そんなつもりはないけどな、文字数少なくても、たぶん、、、濃いかも?)

伝えたいことだけ、サラッと書いた方が、

まわりくどくなくて、やはり読む人に読みやすかろうと思いますし、、、

(まぁ詳細なことまでは書いてないですが)

 

 

それになにより書き手が、書きやすいんですよね、気軽に。

 

 

なんか思いついた時に、気軽にガガッと書いてポンッとあげれる。

 

 

 

でも、まぁそういうことしてたら、やはりブログへのアクセスがぁ、、、

ということになるのですが、

別にブログ書いている人みんなに、短文記事書いた方が良い、

と言っているわけではなくて、

なんていうか、1記事を書くために、じっくりと考える忍耐力とかが

すでに失われてしまった人とかは、

そうした方がいいんじゃないかな、とか思った次第で。

 

 

わざわざ、思いついたネタを長文にして書き出さないといけない、

とか思っていたら、結局、めんどくさくなって、

途中で書かずに、放置するくらいなら、

短文記事になって、ブログ評価が下がろうが、

サッサと言いたいことだけ、書いて、あげた方がいいと思う。

 

 

それでも誰か1人でもいつか目をチラッと通してくれれば、それでいいし、

なにより書き手側の精神衛生上、そういう感じにしていった方がいいのだ。

 

 

でないと、これから記事を書けなくなるので・・・

 

 

 

とにかくブログの評価とか気にする前に、

自身の考えや思いや知識をいかにして簡単に書きだして、

どんどん自身のブログにあげていくかだけを、

考えていけばいい、と思う、効率的に。

 

 

それを考えて、つきつめて、

なんとなくで、ドンドン、気軽に記事を書いてあげていくことが

できるようになれば、なんかスピードと勢いがついていきますよ、

自覚しないうちに。

 

 

どうでもいいネタで、500文字から、1000文字くらいで、

記事を書き上げることのできるスピードがぁ・・・

 

 

 

・・・内容薄くても、良いこと1つでも書けた、伝えたいこと1つでも

書けたなら、それはそれで、いい記事なんだよ。

 

 

そのことを知って欲しいし、忘れないで欲しい。

 

 

私が今述べたことを忘れないでくれ。

 

 

 

適当力・・・適当に生きて行く方が人生うまく行きます

 

 

 

 

<ブログ 更新 コツ 文字数 内容 ネタ>