おすすめ記事(スクロールできます)



天狗の頭の骨が見つかったが本物なのか?

ボール遊び

 

 

なんか知らんが、どこぞの山で、昔から

「この山にはテングが住んでいるぞ!」

とか言われていたらしいが、

どうやら最近、

その山の近くの場所から

昔、そのテングが住んでいる、と地元の人とかに言い広めた人が

使っていたと思われる

テングの頭の骨が出てきたんだとか。

 

 

で、その頭の骨を

「鼻の方が、めちゃくちゃ長いし、

どうやらなにかしらの骨であることは間違いなさそうなので、

ホントに、天狗の頭なのか?」と

調べてみたところ

イルカの頭の骨だったらしい(笑)

長いのは、鼻と言うよりも、イルカのクチバシだったようで。

 

 

どうやら江戸時代に、

その山の知名度やらを広めるために

天狗が住んでいると、いうことにして

多少なりとも神格化するために、

その骨を人々に証拠として見せるために使っていたのだとか。

 

 

まぁ今みたいに、テレビもなけりゃ、写真とかもない時代ですし

イルカの頭の骨どころか、イルカを実際に見たことのある人も

あんまいなさそうですからね。

特に山の付近に住んでいる人とかは。

 

 

しかも、一応、念を入れて

そのイルカの頭の骨に

テングの目の穴を加工して、つけてみたり、と、してあったらしい。

 

 

こういう感じで、海豚(イルカ)の頭の骨を使って

「この山にはテングが住んでいるよ~、だからすごい山なんだよ~

あがめなされ~、おそれなされ~」

と、昔から言ってきた事例は、実は

他の地域の山とかでも、よくあったらしい。

 

 

各地で、イルカの頭の骨使って、テングの存在をほのめかすのは

共通しているのねぇ・・・

 

 

しかし、私としてはテングは実在していて欲しかったなぁ~。

昔は、なんの骨か分からない、という、

「もしかしたら、、、いるかも?」

というロマンがあったかも、だが、

今だと、すぐに何の動物か分かっちゃうからねぇ。

 

 

 

・・・え~と、あと、

まぁ余談ではありますが、

もともと、そもそもテングというのは

鼻が長くないのですよ。

 

 

国内で、はじめて書物の中に、テングが出てくるのは

たしか、600年代初頭なのですが

この頃は、まだテングは

なんか空にいる、正体不明なヤツって感じでした。

 

 

で、900年代の平安時代には、

なんか、山の中に住んでいるヨーカイ(妖怪)って感じの

ちょっとだけ現代に近づくイメージになっているのだが、

そのテングの正体は

タカみたいな、いかにも鳥って感じ。

クチバシが、チャームポイント。

 

 

それで、もっと時代がくだって

1200年代になってやっと

鼻の長い、普通に人型みたいな、あとなんか修行してそうな感じの

今とほぼ同じイメージとなる、、、らしい。

 

 

ということは、やっぱり、鼻の高いテングの頭の骨が

国内で見つかっても、それは、

あとから芽生えたテングのイメージを元にして見つけてきた

なんらかの動物の骨か、

またはそれを加工したモノってことになるんでしょうねぇ・・・

もっとロマンがあってもいいじゃない。

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

<古代>借りた物を破損した時の賠償額

 

後世に残す必要の無い記録は知らぬ間に抹消?

 

 

 

<天空 骨 鼻 山 伝説 天狗 昔話 イルカ 海豚 伝承 言い伝え 正体 発見>