おすすめ記事(スクロールできます)



偽のラブレターを勝手に代筆して送った話、他

 

 

うろ覚えで、3記事分、書きます。

 

 

目次

 

本人の代わりに、イタズラで送られた恋文

朝起きたら、見知らぬ幼虫が体を這っていた話

目の中にある模様が、同じであることはないらしい

 

 

 

①本人の代わりに、遊び半分で送られた恋文

 

 

中学生の時、同学年の他のクラスの男子で

からかわれやすい、というか、いじりやすそうなヤツが

いたのであるが、

そいつをちょっと不良入っているヤツラが

遊び半分で、悪戯的に、そいつの名前を使って勝手に

そいつと同じクラスにいる容姿のいい女子に

(今から考えればそんな可愛くも無いのであるが)

好きです、付き合ってください、とか書いて、

その女子の下駄箱に入れておいたことがあったのだ。

 

 

で、返事は、ボクの下駄箱にそっと入れておいてください、

とか書かれたらしい。

 

 

骨董にせもの雑学ノート―七たび問うて書画を疑え 新版・偽物がたり

 

 

で、そのあと、次の日くらいに、

その男子の下駄箱に、返事が入っていたらしく、

普通に付き合えません、ごめんなさい、とか書かれていたらしい。

 

 

だがしかし、当の男子は寝耳に水で、

なんで告白してもいない相手から、断りの返事が入っているのか、、、

 

 

、、、という感じで、動揺しかないのであった。

 

 

それで、その様子を見て、不良どもが楽しんでいたのであるが、

今考えれば、かなりエグイことするなぁ、コイツら、

とか思うのですが・・・

 

 

ラブレターを破らレター、とか言っちゃってさぁ~。

 

 

 

②朝起きたら、見知らぬ幼虫が体を這っていた話

 

 

まだ学生時代の頃の話であるが、

なんか身内が、あんたの部屋の窓際になにも置いてないから、

なんか寂しいでしょ?

花さっき買ってきたから、置いてあげるわ、とか言って

部屋に入ってきて窓際に

花の入った植木鉢をおかれたことがあったのだが・・・

 

 

その時、なんか部屋で音楽聴きながら、

勉強している最中だったのでテキトーに、

ああ?、、ああ、うん・・・みたいな感じで流して返事した。

 

 

はっきり言って、なんも聞いていなかったのだ。

 

 

そして窓際に花が置いてあることにも気付かなかったのである。

 

 

それで、そのまま夜になったから布団敷いて寝たのであった。

 

 

 

そして朝になって、なんか体の上を、正確に言えば自分の

手を足の肌の上で、なんかひっついてモゾモゾしているのが

あったので、半分まだ寝ぼけながら意識はっきりしないまま、

布団をはぐって見てみたら、なんか幼虫みたいな

小さなワームさんが数匹、私の手足をはっているではないか。

 

 

これには朝っぱらから、めちゃくちゃ声あげて絶叫した記憶があります。

 

 

おおっ!!!あああッ!!!!、、、とか叫びながら、

手足ブンブンやって、部屋の中をピョンピョン跳ね回りました。

 

 

このことがあって依頼、部屋の窓際には、、、いや、

部屋の中には絶対に花とかの植物は置かないようしています。

 

 

 

③目の中にある模様が、同じであることはないらしい

 

 

なんかよく映画とかで、

なんかのセキュリティ入った扉開けるときに

パスワード入れて、指紋あてて、最後になんか目とか

スキャンしてから入っていたりしていますよね。

 

 

なんで目なんかスキャンするの?とか

思っている方もいるでしょうが、

どうやら指の指紋と同じく、目にもなんか

人それぞれ違っていて、同じなものは存在しないとか

言われている部分があるそうだ。

 

 

それは虹彩とか言われる部分である。

 

 

 

 

 

目の黒い部分を包むように、円状になっている

なんか、よく見れば模様が入っている部分である。

 

 

それが人それぞれ違うのだという。

というか指紋と同じく、模様が複雑なので、

まったく同じということはないんだとか、なんとか。

 

 

 

なので、その虹彩だかを、あらかじめ登録して

個人を識別する方法もあるということで・・・

 

 

なんか高尚な識別する手段って感じしますよねぇ。

ちょっと、かっこいいかも。

 

 

 

 

<歴史>