法律

雑記(法律)

1年に2日以上は絶対に働け!という法律の話

海外の話。 海外のどこぞの地域に存在する法律の話。 そこには、 21歳から50歳までの男性は、1年に最低2日以上は 町へ出て働かなければいけない、 とかいう法律があるらし...
未完成記事メモ

江戸時代に正当防衛という考え方は、あったのか?

うろ覚えでテキトーに書くので、そこらへんご理解を。 まぁなんというか、あったのか、なかったのかでいうと、 今現代で言う、違法性はない、ということにはせずに、 一応、どんなこと...
小記事詰め合わせ

親と同じ名前を付けることが出来るか?、他

うろ覚えで2記事分、書きます。 目次 親と全く同じ名前を、子につけることができるか? 逆の立場になりすました方が、良い意見を聞ける? ①親と全く...
小記事詰め合わせ

1200年ほど前の大昔、放火犯は杖で滅多打ちに決定、他

うろ覚えで、テキトーに3記事分書く。 目次 やっと放火の罪を重く見るようになったのか? すぐ隣にいたから、お互いに手が届いてしまった話 人は自分の生活と直接関係無い人とは比較し...
小記事詰め合わせ

<大正>親に背いてまで、結婚する勇気は無い話、他

うろ覚えで書く。 2記事分書く。 目次 親に反対されてまで、嫁に行く勇気は無かったのか? 呼ぶ声が聞こえ、自分が呼ばれたと勘違いして振り向くと ...
小記事詰め合わせ

大昔は、誰も歯医者に行きたくなかった、他

うろ覚えで書く。 3記事分書く。 ①大昔は誰も歯の治療を受けたくなかった理由とは? まぁ昔と言っても何百年も前の海外でのことですが。 各...
未完成記事メモ

<戦国>相手をじらして、法に触れるよう誘導するの禁止

今から500年前くらいの、 国内のとある地域にあった法律の話。 うろ覚えで話す。 「ここは、私の所有地である!」と、争っている2人がいた場合に やっぱり裁判なんか無視し...
未完成記事メモ

<江戸>浮気した妻と、その相手は、その場で斬って良い

江戸時代中期くらいの話であるが、 浮気をされた武士は、浮気されたことに間違いなければ 浮気した妻と、浮気相手を、その場で 自分で斬って処刑しても良いことになっていたらしい。 とにかく、そういう...
未完成記事メモ

小舟で排泄物を回収するついでに、食料売っていた話

うろ覚えで書きますので、ご理解を。 今から300年前くらいの、どこぞの海外での話。 お上から許可貰って、 地元の川の側に停泊中の船から出る排泄物を ひき...
未完成記事メモ

大昔の絹織物の取引に関する法律について

テキトーに書くわ、うろ覚えで書く。 今から400年くらい前の、どこぞの海外でできた法律の話。 17世紀半ばぐらいか。 なんかその頃、その海外の地域で 町中でいろ...