江戸時代

雑記(日常)

とある寺子屋の先生の日常の苦悩、心配事②

前回のあらすじ 今から、250年前の、とある寺子屋の先生が 生徒に、日頃から強く言い聞かせたいことを 寺子屋の教室内の壁に張り出した、したため書き、が 今でも残っており それに書...
雑記(日常)

とある寺子屋の先生の日常の苦悩、心配事①

今から約250年程前の、江戸時代中期頃にあった とある、どこぞの寺子屋(小学校)での話・・・ その寺子屋には、先生として 寺子達(生徒達)に、いろいろ文字の読み書きとかを教えていた 坊...
未完成記事メモ

ライフル銃の弾込めが原因で起こった揉め事の話

うろ覚えで書くよ。 今から150年程前の話。 当時、実質的に支配されている地域があったのであるが その地域を支配しているところから 現地民を傭兵として雇って その...
雑記(法律)

江戸時代にも出版物の盗作を規制する法律はあった?

江戸時代の著作権に関して少し話します。 江戸時代にも、 本の著作権が、ど~のこ~の、という概念自体は、一応あったらしい。 まぁ明確には、 出版された本の著作者が、本当は誰であるのか? と...
雑記(日常)

江戸時代の塩売りは年寄り向けのバイト?

江戸時代は、都市部とか行くと 棒の両端にカゴをくくりつけて、肩に担いで、 そのカゴの中に 塩をたくさん入れた人が 売りに歩いてきてくれたらしい。 で、欲しい人が居れば、マ...
小記事詰め合わせ

人の間を通る時に、片手で割って入る心理とは?、他

うろ覚えで、2記事分、書きます。 目次 ①頼むから通して、、通るから!という鋼鉄の意志の現れ ②あたぼうよ、の「あたぼう」とは、何の意味か? ①...
小記事詰め合わせ

昔の宿屋では、最初、食事は出なかった、他

うろ覚えで2記事分、書きます。 目次 宿屋は基本、休んで寝るだけであったが、、しかし なぜチュンチュン鳴く鳥は、懐きにくいのか? ①宿屋は基本、...
小記事詰め合わせ

些細などうでもいいことで訴えるなという話、他

うろ覚えで、3記事分書く。 目次 値引きされたが、税金ついて無駄になったので訴えた話 <江戸>寝相で性格やどんな人か分かる? <江戸>声が出なくなったら鉛を飲む治療法!? ...
未完成記事メモ

<江戸>バレたら極刑でも絶えなかった海外との密貿易

うろ覚えで書きます。 江戸時代の頃っていうのは諸処の事情により鎖国していましたので、 外国との貿易にも制限がかけられており、 限られた場所で、限られたところとだけ貿易が許可されていて...
小記事詰め合わせ

<江戸>鞭打ちの刑は相手を見て加減していた、他

うろ覚えで書いていく。 2記事書く。 ①鞭打ちの刑は相手を見て、叩く力を調整していた 江戸時代の話。 今から250年ほど前。 ...