死刑

雑記(法律)

動物と仲良くすると火あぶりにされた話

昔、何百年か前の海外のどこぞでは、 獣姦、つまり、飼っている家畜とかの動物と性交渉(性行為)ないし 犯したりすると、火あぶりにされた。 火刑ってヤツですね、火あぶりの刑。 動物...
雑記(法律)

いやらしい視線を送った人は目を潰された話

目をつぶす刑というのが、昔あったことは知ってますよね? もしかしたら今でもどこかの地域に行けばやってんのかもしれませんが・・・ 大昔のどこぞやの海外での、なにかしらのコミュニティーの法律で...
雑記(法律)

江戸時代の新婚宅への石投げ禁止令

江戸時代の 新婚 さんについての話。 当時、新しく結婚した夫婦がいたら 近所の人や、または新婚さんの知り合いとかが その夫婦が暮らしはじめた家に小石を投げつける風習みたいなのがあったらしい。...
雑記(法律)

偽金作りへの処罰は進化してきた話

今から1200年前の海外のどこぞ(おそらくヨーロッパ方面)では、 すでに偽金を作ったことによる罰則があった。 まぁ当然だけども。 偽金作りというのは、安い素材を使って...
雑記(法律)

精神異常があるか不明なら、とりあえず処刑する法律

現代でも、精神に異常があると思われた人は 責任をとれないということで無罪になったり、 その一歩手前の状態であれば、刑を軽くする、とかいう決まりが あったりするが、江戸時代でも、そういうことはあった。 ...
雑記(法律)

役立つ人は減刑する法律の話

海外の話。 うろ覚えで書くので、あしからず。 海外のどこぞの地域では、法律では 捕まって収監されている受刑者が、 重大な誰かしらの犯罪行為を明るみに出したり(密告したり...
雑記(法律)

大昔の食品偽装への刑罰は重かった話

なんか暇だから、書いていく。 今から700年前の、どこぞの海外の地域の 食品に関する法律について。 その内容を。 売られていたりするパンに関しては 大きさ...
雑記(法律)

大昔、墓場泥棒は、狼だと思われ森に追放された話

昔の海外のどこぞでは墓場とかから 埋葬してある物品を掘り起こして、それを盗んでいくようなヤツラは 人間ではなくオオカミ、つまり狼が人間にとりついて そんな悪行をおこなっているんだろう?とか思われてい...
雑記(法律)

昔の放火犯を必ず捕まえるため出された法律

うろ覚えで書くので、あしからず。 江戸時代には、まぁほとんどの家などの建物が 木造だったってこともありますが 1軒に火が付けば、隣り合う家やら近い家やらに火の粉がまきちり ...
雑記(法律)

死刑の猶予付きの判決って猶予期間中何してるの?

海外のどこぞの地域では 死刑の「執行猶予付き」の判決というモノが出るらしい。 国内とかでは、そんな判決は出ないよね~。 それに、他の海外の地域でも、そんな死刑で 猶予付きの判決なんて見かけたこ...