刑法

雑記(法律)

昔は家畜の窃盗を法で細かく罰した話

今から1000年以上前の、どこぞの海外の法律(刑法?)の話。 とりわけ、そこに書かれている窃盗罪についての話について、ちょっとだけする。 その法律には、まず最初に、どのように罪を裁くのか、...
雑記(法律)

いやらしい視線を送った人は目を潰された話

目をつぶす刑というのが、昔あったことは知ってますよね? もしかしたら今でもどこかの地域に行けばやってんのかもしれませんが・・・ 大昔のどこぞやの海外での、なにかしらのコミュニティーの法律で...
雑記(法律)

二重駐車した違反者を鎖で繋ぎ監禁する法律

どこぞの海外の法律の話。 詳しいことは分からないので、想像で書く部分もあるので ご容赦を。 海外の、どこぞの地域では 二重駐車をしたら、その違反者二人を仲良く鎖でつない...
雑記(法律)

精神異常があるか不明なら、とりあえず処刑する法律

現代でも、精神に異常があると思われた人は 責任をとれないということで無罪になったり、 その一歩手前の状態であれば、刑を軽くする、とかいう決まりが あったりするが、江戸時代でも、そういうことはあった。 ...
雑記(法律)

<明治時代>年寄りが懲役刑を免除された話

1880年代頃の話。 今から130年くらい前か。 うろ覚えで書くので、あしからず。 70代の老人が、まわりからのすすめで、 30代の女性と結婚して、妻とした。 ...
雑記(法律)

<明治時代>身分剥奪して一般人にする罰の話

うろ覚えで書くので、あしからず。 明治時代初期の話。 1870年代の話。 やっと江戸時代が終わったくらいの頃のこと。 当時の刑法みたいな法律の決まりにお...
雑記(法律)

大昔の食品偽装への刑罰は重かった話

なんか暇だから、書いていく。 今から700年前の、どこぞの海外の地域の 食品に関する法律について。 その内容を。 売られていたりするパンに関しては 大きさ...
雑記(法律)

ピアノの演奏を禁止する刑罰の話

海外の話。 うろ覚えなので、あしからず。 なんか知らんが、海外のどこぞのピアノの先生が 自分の教室の幼い女子生徒に手を出したらしい。 それで、捕まって、一応、次...
雑記(法律)

昔の放火犯を必ず捕まえるため出された法律

うろ覚えで書くので、あしからず。 江戸時代には、まぁほとんどの家などの建物が 木造だったってこともありますが 1軒に火が付けば、隣り合う家やら近い家やらに火の粉がまきちり ...
雑記(法律)

<明治時代>人の家に窃盗に入り返り討ちにあった話

うろ覚えで書く。 江戸時代から、明治時代になったばかりの頃の話。 1870年代くらいの話。 とある大工がいた。 その大工が仕事で遠いところへ出張しに行った時に 同...