おすすめ記事(スクロールできます)



へその緒や遺髪などが盗まれても法で保護される?

ごっちゃ

 

 

<質問の概要>


財産的価値の無い物、 つまり、 はっきり言って“ゴミ”(みたいな物)であっても、


例外的に、

刑事、民事、の両面において法的に保護されることはあるのでしょうか?



例えば、

「自分の所有している、一見誰から見てもゴミにしか見えないガラクタ」が、

盗まれた場合に、




刑事面では、 

被害届出せば受理されて、ちゃんと窃盗罪が適用されて、盗んだ人が立件されることがあったり、



民事面では、

自分が、盗んだ人に民事訴訟を起こして「盗んだものを返せ」と主張したら、

裁判所が返還判決を出してくれたりすることは、

実際にあるのでしょうか?



以上、よろしくお願いいたします。

 

 



<弁護士回答の概要>


あなたがおっしゃる「財産的価値」とは、客観的価値だけ を指していると、

想定した上でお答えいたします。




客観的価値、つまり誰が見ても、

財産的な価値が無い物であったとしても、

主観的価値、つまり自分にとって大切な物であれば、

民事的にも刑事的にも財産的な保護を受けます。



以上、参考までにお願いします。

 

 

<私の考え>


つまり、まわりの人から見たら(一般的に見て)価値の無いただのゴミみたいな物であっても、

自分(所有者)にとって大切な物であるならば、

その“物”に財産的価値が認められるということですね。



ということは、自分にその“物”に対するちゃんとした所有権も認められ、

その物が盗まれたりした場合に、

刑事面で盗んだ人に窃盗罪が適用、

民事面では盗んだ人に返還請求して取り戻すことが可能だということです。




一見ゴミにしか見えないが、自分にとって大切ならば「財産的価値」が認められて、

法的に保護(財産的保護)される“物”としての例を挙げると、、、



まずは、

“へその緒” や、 “遺髪” などが浮かび上がりますね。

これらに取引価値はありませんが、持ち主にとっては大切な思い出の品ですから、

法的に保護されます。



また意外に思えるかもしれませんが、 “ゴミ屋敷に置かれているゴミ”  も法的に保護されるようです。

どう見ても他人から見て、「これはゴミだ」と思っても、

本人が大切で捨てたくないと主張するのであれば、

財産的価値が認められるらしいので他人が勝手に片づけたりすることはできないらしいです。



(・・・自分の家の敷地内に放置されているゴミの山は、

自分の家の魅力を引き立てる大事なオブジェクトなんでしょうかね?

本人にとっては。。。)

 

 

それで 刑事面 で、そういった物でも、盗まれた場合に

法的に保護されるので窃盗罪が適用される、とは上記で言いましたが、

あくまで、それは理屈上の話であって、

実際に、盗まれて警察に相談しても、

まともに取り合ってくれないことが多いのではないかと思います。



自分の家に泥棒に侵入されたのなら住居侵入罪の適用も、

一応考えられないこともないですが。。。




また 民事面 でも、盗まれた場合に

盗んだ人に民事訴訟を起こして返してもらうように請求しても、

実際に裁判所から返還判決がでるかどうかは、なんともいえないところがあります。

過去に似たような事例があったのかも、

調べても出てきませんでしたし、、、、そもそも一般的には価値の無いものですし。。。



一応弁護士さんが返還請求できる、と言っているので可能性自体はあるのではないのでしょうか?




・・・・今回の記事は以上です。

サッサッと書いたのであくまで参考までにしておいてください。

文章が下手で言いたいことが伝わらなくて、ちょっと悔しい。

 

 

 

あとちょっと余談ですが、年末の家での大掃除したりするときに

自分のへその緒とか押し入れの奥底から発見したことが昔あったのだが、

「こんなもん、いらんわ・・・」ということで普通に捨ててしまったのであるが

今になってから、ちょっと見たいなぁと思うことがあるので

そういうのは安易に捨てたりはしないほうがいい、と思った。

人には価値無くとも、自分には、やっぱ記念の品ですから、

若いウチはなんだかんだで、ひっそりと保管しておいた方がいい。

(他人にとっては、相変わらずゴミみたいな物ですが)

なので卒業写真とか入っている学生時代のアルバムとかだけは

まだ保管しておこうと思った。

1回、学生時代のこと思い出したくないから、もう捨てちゃおうかなぁと

思ったことがあるのだが、なんとか踏みとどまった。

 

 

 

SH

 

 


なんかどこぞの海外の地域に

大きなゴミ山があって、そこで暮らす人たちがいるみたいです。

リゾート地のすぐ近くにあるみたいなので

現地の経済格差が目で見てすぐ分かる、ということです。



まぁ私の近所にも昔ゴミのたまり場があったのですが、たしか

土地(空地)の持ち主が、自分の家の家電ゴミとかを置く場所ないから置いておいたら

なぜか夜、関係ない人たちまで家電ゴミとかいろいろ不法投棄していき

あっという間にゴミ山ができあがってしまった、ということを聞いたことがあります。



そこのゴミ山もそんな感じでできたのではないのでしょうか?

 

 

 

 

<財産 価値 無価値 所有権 保護 法律 客観的 窃盗>