おすすめ記事(スクロールできます)



大昔の猫背の治療法(矯正法)の話

みかえりびねこ

 

 

うろ覚えで、テキトーに書くので、あしからず。

 

 

今でこそ、猫背を治すのには

接骨院とかに行って猫背矯正コースの施術、

つまり腰やら背中のマッサージやら、

なんかの矯正器具を腰から体に巻き付けられたり

なんか有効と思われるストレッチをさせられたり、と

まぁ何回も通ったりして、猫背の矯正施術を

長期的に受けたりして治すことも出来るが、、、、

 

 

他にもわざわざ金出して接骨院に行かずとも

家でなにかしらの体操やらエクササイズ、ストレッチを

自分自身でおこなったり

普段の腰曲げるような姿勢をとらないように努力したり

癖を改善したり、、、と、

まぁそれも長期的にではあるが、徐々に治していくスタイルで

なんとか治す方法はあるみたいですが、、、しかし。

 

 

そうしかし、昔はどうだったのであろうか?

どのようにして猫背を治そうと試みていたのであろうか?

現代と同じように医者が患者をマッサージしたり、とか、

地道にやっていたのであろうか?

 

 

ちょっとだけ大昔の、数千年前の海外のどこぞの地域での

猫背の治療法を書いていくことにする。

 

 

どうやら、そんな長期的にマッサージやらの施術を患者にほどこさなくても、

すぐに治療できていたようだ。

もしかしたら、今より古代は、はるかに猫背の治療は進んでいたのか?

 

 

なにかの記録を見てみると、

患者が医者?(みたいな人)に、自分のヒドい猫背を治して(改善して)欲しいと

頼んだところ、医者は快諾したらしい。

今すぐ治して見せましょう。

 

 

とりあえず、まずは、そこのベッド台(診療台)の上で、

うつぶせになってください、と言われ

患者は医者の言葉を信じて、うつぶせになった。

なにか効果的なマッサージでもしてもらえるのだろうか?

 

 

すると、医者は奥から、重そうな石でできた平べったい板を

何枚か持ち出してきた。

これから何をするのであろうか?

1枚ずつ患者のうつぶせになった背中にズシリと乗せていった。

 

 

何枚かその石の板を患者の背中の上に慎重に載せていくと

患者は微動だにしなくなり、沈黙した。

 

 

しかし、医者の最初の、患者と約束した宣言通り、

患者はピンと伸びきって、猫背はちゃんと治っていた、、、らしい。

 

 

まぁたしかに、とても効果のあった猫背の治療法らしいですけどねぇ・・・

一発で治るって言うのは、なんというか、よく考えるべきだった。

 

 

 

また他にも、当時、そこで流行っていた効果があると思われた、

猫背の治療法は、なにやらあるらしい。

 

 

その治療法とは、まず、ハシゴに布を巻き付けて、なんか知らんが、

今で言う担架(タンカ)みたいな物を作るらしい。

 

 

そして、そこに猫背の患者を乗せてグルグルと縛り付けて固定する。

背筋をできるだけピンと伸ばすようにね!

 

 

そして、その担架を、高い家の屋根の上とか、または高い塔の上まで、

運んで持って行く。

 

 

そして、どうするのか?というと、案の上、そこから落とすのである。

 

 

もしかしたら運が良ければ、

その高いところから落とされたショックやら衝撃によって、

患者の猫背は治っているかもしれない、、、

というものであった。

 

 

猫背が治るどころか、大怪我すると思うのですが。

それでも、なんか、当時、流行っていたらしい。

 

 

その光景を、当時のなかなかできる医者が見ていて、

こんな治療法で患者の猫背が治るワケないじゃないか、、、とか、

書き残している。

 

 

まぁつまり、普通に見る人から見れば、やはり、当時でも、

異常な行為にしか見えなかったワケですね。

 

 

まぁでも、しかし、そこまで上から担架?に縛り付けて落とす、、、

っていうくらいですから、

もしかしたら本人の事前の同意があって、

猫背をどうしても治したいからやってくれ、と、

医者とか知り合いとかに頼んでいたのかもしれませんが・・・

 

 

どうなんでしょう?

当時としては、猫背を効率よく短期間で治す方法としては、

それくらいの方法しかなかったのか、思いつかなかったのか?

 

 

 

 

 

 

<猫背 治療 施術 医療 接骨院 歴史 矯正 古代 昔 長期間 短期間 即時 方法 医者 石版 高所 手段 医術>