蜂蜜を盗みにきた森の熊を訴えた話

みつつぼ

 

 

海外の話。

 

 

家で、たくさんハチを飼っていて、ハチミツを作っている人が

ハチミツ泥棒にチョクチョクやってくる

近隣に住んでいる野生のクマを訴えた。

 

 

以前から、よく盗みに来ていたので

音を鳴らしたり、夜間照明をつけたりして

対策をしていたらしいが、

ハチミツへの誘惑にはなんのその、だったらしい。

ジュルジュルと吸われてしまったらしい。

 

 

・・・それにしても

野生にいるクマさんですからねぇ。

 

クマが肥満で悩んでます 動物園のヒミツ教えます

 

 

国内だったら、動物から、なにかしらの損害を受ければ

それが、誰かに飼われている動物だった場合には

そいつの飼い主を訴えて

賠償請求とかすればいいけど、

さすがに野生の動物は、、、、、、

 

 

自然の中で生きているモノですから

誰かを訴えようが無いのですが・・・

 

 

 

しかし、海外では、ちょっと違うようだ。

その件では、クマへの賠償が、何十万円か、認められたようだ。

 

 

でも、クマに金は払えんだろ。

誰が払うのか?というと

国が代わりに、払ってくれることになったのだそうだ、、、、、

 

 

こういうことなら、国内でも

同じような事例が起きて

国の野生動物の管理がアカン!ということで

賠償請求とかしたら、それは認められるのだろうか?

いやいや。

 

 

野生の動物まで、

国が厳密に管理しているワケじゃないので~、

とか言われそう。

 

 

でないとキリがないからね。

今まで、野生の動物に畑を荒らされたり

野生動物の道路への飛び出し事故とかで

どんだけ請求が来ることやら・・・

 

 

 

(   どうやら、国内では野生の動物は所有者不在ということで

個人はもちろん、地域や国でさえ

所有者ではない、ということだが

海外の場所によっては、野生の動物は

“みんなのモノ”とか見なしていることも

あるらしいので

野生動物の管理責任は、そこの地域や国にもある、ということで

賠償責任などを問えることもあるだとか、なんとか。

 

 

詳しいことまでは知らんが、今回の件も

そういう感じなんだろうか? )

 

 

 

 

 

 

<動物 農家 裁判 損害 賠償 損害賠償 被害 補償 業者 蜂蜜 熊 ハチミツ クマ 好物 保障 保証 窃盗 盗まれる 盗み>