おすすめ記事(スクロールできます)



実は囲碁がメチャクチャ強かった野菜売りの話

一手

 

 

今から100年以上前くらいの話。

とあるところに八百屋、

つまり店先で野菜を売っているチョウベエ(長兵衛)とかいう

男がいた。

 

 

その男は、囲碁が大の得意で

ものすごく強かったのであるが、

このことは、まわりには知られていなかった。

 

 

なぜならば、

得意先の客や、まわり近所の人達と

よく囲碁をうつけれども

その人達には、本来の実力をおさえて

上手く負けてあげていたからだ。

(たまに、わざとらしくないように、ちょっとした差で勝ったりもしてあげた)

 

 

つまり、不快な思いをさせずに

これからも、それらの人と仲良くして

自分のところの店で、野菜を買っていって欲しい、という

商売上の

接客仕事の方を優先していたからだ。

 

 

なので、まわりからは

そんなにチョウベエは

囲碁は強くないというイメージがあった。

 

 

しかし、そんなある日

チョウベエの店の近くにある、

近所の人が集まって

囲碁をうつ場所に、

当時の、国内屈指の囲碁の名家の出身である

囲碁のプロ棋士みたいな人がやってきた。

 

 

そして、その棋士いわく、

「 ん~、なんだココは?

まるでたいしたヤツがいないじゃないか?

せっかく頼まれたから来てやったのに

ホントに歯ごたえがなくて残念だ・・・

誰か他に、相手になるヤツはいないのか? 」

 

 

その言葉を

野次馬として見ていて

聞いてしまったチョウベエは

いてもたってもいられない、、、

奥底に眠る、

チョウベエの囲碁魂が刺激されてしまった。

 

 

「俺がいるよ・・・」

チョウベエは、その棋士の相手として

自ら名乗り出てしまった。

 

 

「ダメだ!チョウベエ!

お前なんかじゃ、相手にならねぇよ!

俺らでもまったく歯が立たなかったのによ~」

とか、、、、このように、まわりから、たしなめられたが

結局、対局することになった。

 

 

そしたら、意外や意外。

ただの八百屋の野菜売りであるチョウベエと

そのプロ棋士みたいな人とで、

まったくの互角の対局を、盤上で繰り広げるではありませんか!?

 

 

その棋士いわく

「へぇ、こんなところに、こんな強者(モサ)がいたのか・・・!

世の中は広いなぁ~」

 

 

そして、

この対局を見ていた、まわりの人は

「なっ・・・チョウベエって、あいつ、こんなに強かったのか!

ということは、今まで、わざと手を抜いて

俺たちと囲碁をうっていたんだな?」

、、、と気づくこととなった。

 

 

それ以降、

なんとなく、なにかの勝負で

わざと負けたような人がいた場合に、

それを見かけた人が

「これは、あの、八百屋のチョウベエ(長兵衛)が

やっていたことと同じ事をやっているのではないか?

う~ん、これを略して言えば・・・そうだ!」

 

 

・・・ということが、あったとか、なかったとか、いう話。

 

 

 

SH

 

 

 

<囲碁 野菜 拮抗 営業 八百長 由来 語源 始まり>