おすすめ記事(スクロールできます)



移住したいならコッチの国の言葉を話せ法律の話

講習

 

 

海外の、とある地域にある、法律の話。

 

 

「 外にある他の地域から、やって来た人は

ここの地域の言葉を習得する気が無いのであれば、

出て行ってください! 」

、、、とかいう法律が、そこの地域にはある。

 

 

他の地域から、そこの地域にやってきて

住みたいという人は、

そこの地域で、そこの地域の言葉を教えてくれる

外来者専用の講習会みたいなのをやっていますので

しばらくの間、それに参加しないといけない・・・

 

 

いつまで経っても、その講習会に参加せず

そこの地域の言葉を学ぶ気が無いのであれば

出て行かされるらしい。

 

 

これは仕事とかの、長期出張で

そこの地域にやってきている人とかも

対象になるらしい。

 

 

なんで、こういうキマリになっているのか?

 

 

それは以前、そこの地域に

外のいろんな地域から

たくさんの人が流れ込んできたことがあったらしくて、

そのことにより、元から、そこの地域に住んでいた人が

その流れ込んできた人達に

なにかしらの不満をいだいたらしくて、

思うことがあったのか

せめて、ヨソ者が、ここの地域にやってきて

居続けたいと思うのであれば

郷に入りては郷に従え、

ここの地域の言葉ぐらい、まともに話せるようになってみせろ。

いつまでも、そっちの言葉で、押し通そうとするんじゃない。

 

 

、、、ということらしい。

 

 

ただでさえ、外から人が流れ込んできたオカゲで

雇用が少なくなってしまったのに、、、

できれば、出て行ってもらいたいなぁ~、という

地元民のささやかな願いが

込められているようだ。

 

 

つまり、この法律が出来たのは

地元民を保護する、保守的な

セーサクの一環というワケですね。

 

 

まぁ、講習会に参加したところで

ペラペラと、そこの地域の言葉を話せるようには

ならないでしょうし、

そこまでは求めてはいないのでしょうが

せめて日常会話ぐらいはできるようになってもらわなければ

いろいろと、そこの地域で、外から来た人が暮らしていく上で

そこの地域の人達が、対応に苦慮するでしょうから。

 

 

 

SH

 

 

 

 

<言葉 勉強 習得 教習 授業 教育 講習 母国語 法律 言語 郷に入りては郷に従え 外国 海外 マナー 退去 滞在 在住 移住>