迷惑メールはどのように自動で仕分けられている?

しわけ

 

 

迷惑メールの仕分けられ方法の話。

 

 

メールの機能か、なにかの中に、

過去に送られてきた迷惑メールの記録が大量にあるらしくて、

その中から過去に送られてきた

迷惑メールの文章中に使われた言葉だけが

取り出されて、

さらに、それ自体が記録されているらしい。

 

 

それで、もし、

今、なにかしらのメールが届いたら

その届いたメールの中の文章を自動で調べて

過去の迷惑メールの文章中に使われた言葉が

いくつあるかを数えて、

(記録されている言葉と照らし合わせる)

一定数以上、使われていれば、迷惑メールとして扱われて

迷惑メールフォルダに仕分けられる仕組みになっている、とか

なんとか、最近なにかで、サラリと読んだ。

 

 

どこまで、この話に正確性があるのかはアレだが

(サラリと読んだだけなので)

大体は、こんな感じで合っていると思う。

 

 

その他にも、送られてきたメールを受信した人が

自分の手で「これは迷惑メールだな」と

迷惑メールフォルダに仕分けることも出来るので、

その迷惑メールに仕分けた

メールの文章中で使われた言葉も

さらに記録されるんだとか。

 

 

で、また、その言葉も

迷惑メールの文章中に使われた言葉としてストックされて

なにかしらのメールが来たときに照らしあわされるのか。

ふ~ん。

 

 

なんというか、

コレ、絶対、迷惑メールじゃないだろ、っていうメールも

迷惑メールとして仕分けられているんですが、、、

初期段階で。

それは仕方ないのか。

 

 

自分で、そういった微妙なメールを

迷惑メールにふったりしたこともないのに、、、

なんか、そこまで記録されてんのか?

 

 

まぁ、しかし、最近のメールも

自分では「この程度で・・・」と

迷惑メールには思っていなくとも、

それなりに、あざとい言葉を使っていることも多いですから、

メールの仕分け機能サン、にしてみれば

「むむっ!コレは~」とか思われてしまうのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

<関連する記事>

 

メール上でのやりとりだけで浮気になるのか?

 

メール文面の贈与契約も履行前なら撤回できるか?

 

 

 

 

<迷惑メール メール 機能 単語 仕分け 作業 自動 プログラム 送信 受信 仕組み 手段 方法>