おすすめ記事



座るイスを悪戯で後ろに引かれ訴えた話

椅子

 

 

海外の話。

 

 

とある少年が、イタズラで、とある女性がイスに座ろうとした時に

そのイスを後ろに引いて

その女性は、座ろうとしたイスが無いのに

腰掛けようとして、後ろに思いっきりシリモチをついて

怪我をしたことがあった。

 

 

で、女性は、その少年を訴えて、損害賠償だかを請求した。

 

 

それで、判決では、その少年が、

意図的に女性に怪我をさせようとして

やったことではない、

イタズラ半分でやったことなので

賠償は認められない、とした。

 

 

しかし、女性は、納得いかないとして、

次の裁判にかけたら

たとえ少年がイタズラ半分でやったことで

明確に女性に怪我をさせる意思がなくとも

怪我をさせてしまうことが、ある程度予測できるようであれば

それで十分意図的といえるだろう、、、

 

 

ということで、賠償が認められたらしい。

 

 

とにかく、こんな感じの裁判があったのだ。

 

 

 

・・・それで、とある大学の、ある日の法律の授業で

今私が話した裁判例を、

とある教授が生徒達にも教えていた。

 

 

しかし、その授業をサボって聞いていなかった

生徒が一人いた。

 

 

それで、教授は、次の日の、法律の授業で

その生徒を指名して

 

「 お前、この前の授業サボっていただろ?

どんなことを私が授業で話していたのか、教えてやるよ

まず、今すぐ前に出て、このイスに腰掛けてみろ 」

 

と、その生徒にイスに腰掛けるように指示した。

 

 

それで、生徒が言われるがままに、イスに腰掛けようとしたら

教授はイスをサッと引いて

生徒は後ろにシリモチをついて、怪我をしてしまった。

 

 

 

それで、その生徒は、教授を訴えた。

 

 

生徒いわく

 

「 イタズラ半分でやったこととは言え

私が怪我をすることは十分予測できただろ、

だから意図的にやったことだ 」

 

と、裁判で主張した。

 

 

ちゃんと、自分がサボった授業で、教えられた内容を

勉強してきたのだ。

 

 

 

しかし、現実には、大学の教科書にも載っている

昔の裁判例で主張されたことが

そのままストレートに通りはしなかったらしい。

 

 

生徒側と、教授側とで、

これ以上やると

裁判はダラダラになるし、長引く、金もかかる、、、ということで

無難なところで、ほどほどの額を払うということで

和解は成立して、妥協したらしい。

 

 

 

ふ~ん。

まぁ、アブナイですよねぇ、イスを後ろに引くイタズラは。

普通に、イタズラだろうが、なんだろうが

完全に意図的でしょうが。

怪我させる気というか、それ以上のモノを感じます。

 

 

 

 

<イス 椅子 悪戯 いたずら 授業 講義 サボり 傷害 殺人未遂 裁判 訴訟 尻餅 故意 示談 意図的 和解 話し合い 海外 外国>