おすすめ記事



大学敷地内で、授業中で人いない時、シケモク集めするヤツの話、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①銘柄も、前に吸ったヤツも関係無い、とにかく吸えれば良い?

②遅い球を上手く投げれる人は、もっと遅い球を投げれる

 

 

 

①銘柄も、前に吸ったヤツも関係無い、とにかく吸えれば良い?

 

 

なんか大分昔の話であるが、

通っていた大学の構内、というか敷地内のいたる場所に、

つまり屋外に、喫煙所が設置されていまして、、、

 

 

授業中の合間には、そこに生徒男女問わず、または教授も混ざって、

みんなで仲良く黙ってスパスパと煙草を吸うわけですが。

 

 

そしてつかの間に休憩時間が終われば、またすぐに授業が始まるので、

次の教室へと移動して、講義をみな受けに行くのですが。

 

 

その際、みんな講義を各教室で静かに受けているので、

大学のどこも静かで、人もまばらで、とっても静かなのである。

 

 

そして、そんな人気の無い時に、ヒョッコリと現れる奴がいるのである。

 

 

そうシケモク集め人が。

 

 

服装、または外見から、おそらく普通の学生なのであろうが、

各敷地内に設置してある喫煙所をまわりながら、

灰皿に吸い終わって、放置されている吸い殻を、ササッと検分して、

まだ吸えそうな、身のついている物がないか確認していくのである。

 

 

おそらく一吸い、二吸い、できそうなのがあれば、

それをまだ吸える、もったいない、とか考えて回収していくんでしょうね。

 

 

なんか小さな箱に入れて回収していくっぽいのである。

 

 

 

・・・そこまでして煙草吸いたいですか?

 

 

どこの誰が吸ったかも分からない煙草を、口付けて吸おうという度胸は、

なかなかであるが。

 

 

口紅とかもついているんじゃないか?

 

 

 

まぁ当時は、まだ値上がりし始めた段階で、

まだ煙草一箱の値段がそこまで高くはなかった、、、といえども。

 

 

金出して定期的に買うには、なかなかの出費にはなりそうですね。

 

 

まぁとにかく、そこまでしてニコチンを欲したワケですね。

 

 

②遅い球を上手く投げれる人は、もっと遅い球を投げれる

 

 

最近、野球で速い球を投げる人が増えてきましたが、

 

(そういうノウハウが蓄積されてきたのか、

なんかいろいろと昔とは違うのかは知りませんが)

 

すごく速い球にもロマンがありますが、

すごく遅い球にもロマンはあると思います。

 

 

遅い球を投げる人でも、遅い球、さらに遅い球など、

遅い球よりも、もっと遅い球を投げれて、それらを上手く使い分けるそうです。

 

 

普通は速い球と遅い球を使い分けるのでしょうが、

遅く、、、そしてより遅くを使い分けるのは、とてもすごいことでしょう。

 

 

打者としては、一体いつまで待てばいいのかと。

 

 

 

 

<タバコ 思い出 野球 禁煙 投球 ピッチャー 吸い殻 喫煙>