おすすめ記事(スクロールできます)



貝だけは動物を大切にしろ法律から逃れた話

貝

 

 

うろ覚えで書くので、あしからず。

 

 

今から数百年前、動物を大切にしなさい、という法律ができて

それはもう、とても大切にしなさいということで

生き物は食べたらアキマセンとかいうことになった。

 

 

なので、生き物と言えば、当然、魚までも対象になった。

しかし、まぁまったく捕って食べるな、、、とは言わんが

魚屋とかが、魚を売るにしても

すでにお亡くなりになられている状態で

売りに出しなさい、とか言われた。

 

 

つまり、売ってもいいけど

生きたままで売りに出すのはアカンということか。

 

 

で、まぁ魚といったら、その中には

貝も含まれていたらしい。

貝類も、魚同様生きたまま売ってはいけませんよ、

とか言われてしまった・・・

 

 

魚とかであれば、生きたままの状態でなくとも

それなりに加工して、、、たとえば店頭で

すでに乾燥させた状態のモノや

なにかに漬けて腐りにくくした状態であるとか、

または、焼いたり煮たりした状態で売れば

特に問題ないし、支障は無かったみたいでして、、、、、

 

 

しかし、貝はそういうワケにはいかなかったらしい。

みそ汁とかの具材として

一般家庭とかに売られるシジミやら、はたまたアサリやらは

生きたままの状態で売らないと

そんなモン、食えたモンじゃなかったらしい。

 

 

なので、どうしろっていうんだ、そこんとこなんとかしてくれ~

ということで魚屋なり漁師なりが

お上に嘆願したらしい。

 

 

それで、しゃーない、ということで

貝とかだけは生きたまま売ってもいいよ、とか

そういうことになったらしい。

良かったね。

 

 

 

 

 

<関連する記事>

 

動物の揉め事を見たら仲裁しろ法律の話

 

動物にテレパシーがあるか調べる残酷な実験とは?

 

 

 

 

<江戸時代 魚 貝 魚介類 食品 禁止 食用 販売 法律 貝殻 料理 調理 味噌汁 朝食 売買 食卓 食材 お触れ 御触れ 例外>