おすすめ記事



退職時は、しっかりデータにパスワードかけましょう!

 

 

データにパスワードかけて、

しっかり誰にも見れないようにして去りましょうね。

会社を辞めるときは。

 

 

なんというか、むかついて辞めるのであれば

それくらいしておいてもいいと思いますよ。

データ消すわけでは無く、退職間際に、

ある程度どうでもいいデータを

部外者に見られたり流出する可能性を防ぐために

(まぁそもそも部外者は誰も興味ないデータですが)

大事なデータをできるかぎり、フォルダに詰めてパスワードかけて

逃げていく。

 

 

消すわけじゃないのですから、、、フォルダの中に

データは入っていて、パスワード入れれば見れるわけですから。

別になにかしたの罪にとわれるようなことじゃないでしょ。

すぐに必要なデータでもないかぎり。

 

パスワードは、ひ・み・つ new(改訂版)-風浜電子探偵団事件ノート1- (講談社青い鳥文庫)

 

 

以前いた会社でも、前にも記事で書いたのですが、

それなりの役職についていた方が、ある日プツンと来なくなり

客とのやりとりのデータがフォルダにぶち込まれていて

それにロックかけられていて、見れなくなってしまったとか。

あとから気付いたんだとか。

 

 

ふーん、会社よ、ざまぁみろって思いましたけれども、

まぁそういう感じで辞めていく気持ちも分からんでもない。

 

 

まぁそれにいざとなれば、なんかのツール使って

こじ開けることも可能ですからねぇ。

それか退職者に頭下げて教えてください、、、って聞きますか?

 

 

 

とにかく、いますぐ必要ではないデータは

会社や上司に思うところがあれば

封印して去って行っても、特に問題にはならないでしょう。

いざとなれば、そんなデータなくっても、なんとかなるものであり

会社にとっては些事ですから、痛くもかゆくもないでしょう。

ちょっと仕事で面倒ごとできたくらいって感じですか。

 

 

データ封印は簡単にできますので、退職間際に簡単に

まぁ会社にとって、すぐには必要ではないが、

いつか必要になるかも知れない、って感じのデータがあれば

ちょいちょいと、こまめに封印してみてはいかがか?

結構スッキリすると思います。

 

鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK (リモック) 外から見えない鍵で安心キーレス生活

 

 

あとからなんか言われても、もうそこの従業員でもなく

知らんとか言っておけばいいですし、または

大切なデータだから、しっかり保管しておくため、とか、、、

まぁなんか言われても電話とらずに無視でいいでしょう。

 

 

 

 

<会社 退職 仕返し 些細な復讐 円満退職 閲覧不可>