おすすめ記事



潜入任務で大事なのは、動物の鳴き真似であった話

 

 

うろ覚えで書く。

 

 

大昔のこと。

 

 

敵地とかの敷地内や建物などに密かに侵入(潜入)して、

いろいろな工作や情報収集を生業をする者達がいたのであるが。

 

 

そして場合によっては、敵地の懐深く入ることもあり、

人の気配がするところまで近づいてひそんで、

どんな会話をしているのか、とか隠れながら、

聞き耳をたてることもある。

 

 

が、しかし、ひそんでいる最中や、敵地の敷地内を移動中に、

ゴソリと音をたててしまい、むむっ!何やつだ?、ということになることもある。

 

 

そういう場合を、あらかじめ想定して、

練習ないし、修練を積んでいるらしいのだ、日々。

 

 

・・・で、なんのを練習をしているのかというと、

動物の鳴き声の鳴き真似である。

 

 

屋内であれば、イタチやネズミの鳴き真似、

そして屋外であれば、犬猫などの鳴き真似がスタンダードであったらしい。

 

 

(どうでもいい話だが、ネズミの鳴き声って結構、実際聞いてみたらアレですよね、

、、、あと、鳥の鳴き真似はしなかったのか、、、まぁ潜入するのが夜であれば、

やはり普通に動物か、鳥は家に帰って寝ているのか、その時間は)

 

 

 

それらの鳴き声の鳴き真似をうまくできるように、

がんばって日々練習していたらしいのだ。

 

 

でも、まぁ人が動物の声を完全に似せるのは、なかなか難しいので、

まぁ70点か80点くらいのデキでも良かった。

 

 

それくらいであれば、多少、本物と比べて不出来でも、

聴く側からすれば、今の鳴き声なんなんだ、、、とか思っても、

キィキィ(なんか天井の屋根裏)やらニャー(庭)やら、

とりあえず、、、っぽい鳴き声が聞こえてきて、

どの動物の鳴き声かは最低限、判別がつく程度であれば、

なんか発情しているのか、ストレスが溜まっているのか、動物も、、、で、

済ませてしまうこともあるでしょう。

 

 

とにかく、なんかいるんじゃないか?とか様子をさぐろうするのは、

正体不明な生き物がそこにいるからであり、不安なのであり、

そういう時に、

とりあえず、、、なんか特定の動物っぽい鳴き声が聞こえてきて、

微妙になんか変じゃないか?

と思っても、どの動物の鳴き声かだけは、聴く側からすれば、分かるのであれば、

それで安心して、動物の鳴き声だと断定してしまうのである、人っていうのは。

 

 

不安な時こそ、自分の信じたいことを信じようとするのである。

思い込むのである。

 

 

そこらへんよく分かっていた、プロなので。

 

 

 

・・・あと、あえて侵入する目的の場所に、

猫やらイタチやらネズミを、おそらく放ち、

そいつらに走り回ってもらうなどして、音を出させて、

自身の出す音を誤魔化すというか、注意をそらすこともあったとか。

 

 

まぁ連れてきたアニマルズが、どこまで上手くやってくれたのか。

 

 

連れてくるのも面倒ですが、家とかで普段飼っていたりしたんでしょうね。

そういうことを目的として。

 

 

 


なきごえきけちゃう! どうぶつ ずかん (たまひよ音のずかん絵本)

 

 

 

 

<歴史 動物 真似 潜入 侵入>