1日の長さは、地球1回転分の時間ではない?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①今ではより正確に日の長さを知ることができるらしい、どうやって?

②丁寧と言う言葉は、元々、楽器の名前らしい

 

 

 

①今ではより正確に日の長さを知ることができるらしい、どうやって?

 

 

どうやら、すでに昔の考えらしいですね、それは。

 

 

1日の長さが地球1回転の長さだと決められていたのは、すでに昔の話。

 

 

 

よく考えてみましょう。

 

 

地球が1回転して自転する時間って、

季節によって違ってくるらしいですからね。

 

 

なので、これまでは、平均の時間を計算して出して、

1日の時間を決めていたらしいですが・・・

 

 

まぁ、やはりズレがあり、正確ではなかったらしいですね。

 

 

 

なので、根本的なところから考え直して、

1日を季節によって変わってしまう、

不安定な地球1回転分の時間ではなく、

もっと、永遠に速さ?とかが変わらない物の動きを

軸になり、基準にして

決めようじゃないか!、、、ということになったらしい。

 

 

 

で、今度は何の動きに依存なり、頼るようになったのかというと、

原子の動きであるそうだ。

 

 

なんか原子時計?とかいう、

原子の振動で動いて、時を数える装置なりがあるそうで、

それで、より正確に時を知ることができるのだそうだ。

 

 

 

時間と時計の歴史:日時計から原子時計へ

 


プロジェクション目覚まし時計、デジタル原子時計大型LEDディスプレイ天井プロジェクタークロックプロジェクションバックライト、USB充電器付き、家庭用寝室装飾用180°回転目覚まし時計

 

 

 

②丁寧と言う言葉は、元々、楽器の名前らしい

 

 

なんか知らんが、丁寧とか聞くと、繊細にきめ細かく、

なんか作業する感じのことを思い浮かべるが、、、

 

 

たぶん、それで合っているらしいですね。

 

 

 

なんか、そもそも丁寧という言葉は、昔、海外で使われていた

楽器のことを示しているらしく、

なんか兵隊達の間で、なんか伝えるために使われていたらしい。

 

 

まぁ詳しいことは知りませんけれどもぉ。

 

 

 

なんか、お前らしっかりしてくださいよ、慎重にね~、

みたいなことを伝えていたらしい、

なんか打楽器らしいですので、カンカンないし、ジャンジャンと鳴らして、

なんか伝えていたのか。

 

 

はたして、どんな音だったのか。

 

 

 

で、その楽器を鳴らして、伝えようとしたけれども、

なかなか人数が多く、広い範囲に兵が展開していたら、音が伝わらないので、

こまめにシャンシャン?とか鳴らして、

皆に聞こえて伝わるように鳴らしていたらしい。

 

 

そこらへんが、今で言う丁寧だった、というところですかね。

 

 

丁寧を武器にする

 

丁寧な暮らしをする餓鬼 (コミックエッセイ)

 

 

 

<歴史 時計 語源 由来 計測 計算>