おすすめ記事



鉄火巻きの、鉄火とは、どういう意味なのか?、他

 

 

うろ覚えで、3記事分、書きます。

 

 

目次

 

①鉄火とは、その様子を的確に表現した物であった・・・

②なんで大昔、ネズミを「嫁」と呼んだのか?

③金属コインを高い所から落としても、それほどの威力は無いらしい

 

 

 

①鉄火とは、その様子を的確に表現した物であった・・・

 

 

鉄火巻きというと、

マグロの身を巻いたあの細い海苔巻きのことですが。

 

 

で、鉄火巻きというのは、

昔、江戸時代くらいなのかは知りませんが、

鉄火場、つまり当時では、

博打打ちが集まって、賭け事とかを行っていた場所で、、、

 

 

そこで博打打ち達が、腹が空いた時に、

ノリに米と、なんか具材を挟んだだけで、

手軽に食べれる料理だった、とかいうことで、

それゆえ名付けれたらしいが・・・

 

 

 

今回は、鉄火とはなんぞや?ということですので、

博打打ちのことを、当時、鉄火と呼んでいたので、

それはなんで?理由は?と言いますと、、、

 

 

まぁ賭け事に熱くなっている人は、

どうやら関係無い普通の人達から見たら、

(客観的に見たら)

火で加熱して熱くなって、焼けている鉄でさえも、

ググッと握りしめることができそうなほどの、

入れ込みようというか熱気を感じたらしく、

 

(まぁ金が、かかっていますから、、、

ただの遊びにしても、みんなそりゃガチになるでしょうよ)

 

そのまま、その様子を鉄火と表現された、ということで。

 

 

 

②なんで大昔、ネズミを「嫁」と呼んだのか?

 

 

なんか大昔、

ネズミのことを「嫁」とか呼んでいたらしいのであるが、

つまるところアレか、夜目(よめ)ということか。

 

 

ネズミは夜に活動して、

いろいろ食料を食い漁りますから。

 

 

 

・・・まぁそれとも、

外から、とついできた嫁は、

夫の母親、つまりシュウトメにとっては、

家にやってきたネズミ同然に感じられたのかもしれませんがねぇ~。

 

 

③金属コインを高い所から落としても、それほどの威力は無いらしい

 

 

なんか金属でできたコインだかを、

高層の建物の上から落としたとしても、それほど落下速度はあがらずに、

下に衝突しても、それほどの威力は無い、とか言われている。

 

 

どうやら、空気抵抗だかなんだかで、速度は思ったよりもあがらないとか。

 

 

まぁ平べったいですから、

やはりそういった抵抗は受けるらしいですね。

 

 

あと平べったい上に、なんだかんだで軽いですので、

普通に抵抗を受けるのか。

 

 

 

 

<歴史 食料 コイン 重力 江戸時代 結婚 動物 ゲーム 由来 起源 言語 言葉>