女子グループから、追い出された生意気女子の行動とは?

 

 

なんていうか、こういうこと言うのもなんですが、

学生時代とかでも、とある女子が

クラスの女子グループから追い出されて

(クラスの中で、1番手の女子グループ)

あぶれてしまい

(大抵、空気読まずに自己主張したり、なんか余計なこと言って、輪を乱してしまった)

クラスで同じく昼飯1人で食っているちょいイケメンのクールそうな

男に1人じゃ寂しいので試しに接近してみて、

なんか、ねぇ、ねぇみたいな感じで話しかけて

話題をふったら意外と面白かったし、意気投合したので、

そのまま昼飯とかをご一緒するようになってしまった。

 

 

それで、なんか昼飯とか休み時間、1人じゃ寂しいので、

そいつとよくご一緒するようになってしまった。

 

 

それに、なんか話す友達完全にいなくなったんだ~、とか

クラスの女子の目線を気にして、

学校での授業間とかに空いてしまう、なんともいえない間を

埋めるために仕方なく、そうするしかなく、

いつしかそれが普通になってしまい、その男子と話すしかなくなる。

 

 

で、そういうことを続けているうちに、

その男子がちょっとずつ勘違いしてしまい、

自分に気が有るんじゃないか、とか思いつつも、

怖くて、なかなか踏み込めないが、

ある日勇気を出して、その女子に、

今度どこか2人で出かけない?みたいな話を、

普段の雑談の中で、さりげなく言い出すのであるが、

そこらへんで、その女子は気付くのである、えっ?・・・とか思うのである。

 

 

で、言葉を濁しながらも、う~ん、ちょっと考えてみる、とか、

最近バイトしてるから(・・・実はしていない)とか、

休日1人で集中して勉強したいから、、、とか、

その日、知り合いと出かけるから、とか

言って、その場しのぎに頑張って断るのである。

 

 

 

(・・・少し話すと、

年頃の女子であっても、

そんなに異性に興味はあるが、興味があるだけ、それ以上ではないのであるのですが、

年頃の男子は一見クールを装っていても、女子に興味シンシンなのである。

 

 

あくまでクラス内であぶれないために、その場しのぎで男子との交流をはかる女子は、

しっかりと割り切れていますが、

男子は、その女子の事情を察しながらも、

なかなか完全には割り切れないのであり、その女子とのクラス内での交流が

しばらく続く内に、一歩踏み込もうとしてしまうのである)

 


 

 

そして、ちょっとこの男子といる

いつも一緒に居すぎたな、あらためなければ、、、とか思い反省して、

時間も過ぎたことだし徐々に女子グループに戻ろうと画策するのである。

 

 

もちろん以前いた女子グループではなく、別のグループであるが、

(クラスの女子グループの中で、2番手か3番手のグループ)

これが結構すんなり受け入れられたりするのである、

なぜならば、みんな心のどこかで刺激を求めていて、

いつも一緒に過ごしている友達同士といると、

話題もなにもかもマンネリ化して、げんなりするからである。

 

 

なので外部から、新しい刺激がやってくると、

いきなりのことで、えっ!?と思い、拒否反応を一応しめしつつも、

話さえあえば、ああこの子、居場所無くて、こっちのグループに入りたいのかなぁ、

とか同情して、輪を乱すような発言などがみられず、

自己主張も以前よりも抑え気味であれば、

しばらく置いてあげようかなぁとか、思ってしまい、

しばらく置いてあげるのである。

 

 

意外と優しかったりする。

 

 

でも、そうこうしている内に、

その女子は、その今居るグループを踏み台にして、

元いたクラス1番手のグループに、欠員などが出たり、

ちょっとグループの結束力が弱まった時などに、

そういった隙を見て、

時間が経ち、ほとぼりが冷めたのを見計らい、

また、なんだかんだと

戻っていってしまうのである・・・・

 

 

つまり、ただの腰掛けであった。

 

 

 

<関連する記事>

 

日常的に笑顔でいることが義務だという法律の話

 

催眠術で昔のトラウマを思い出し訴えた話

 

 

 

<学生時代 グループ 昼食 派閥>