おすすめ記事



コロナで演奏会自粛中でも、楽器は売れるのか?

 

 

コロナ渦で、コンサート中止とかでも、楽器に需要はあるのか?

 

 

 

なんといいますか、、、思ったこと、つれづれと書いていきます。

 

 

 

まぁ今は2021年の1月下旬で、

いまだ去年から引き続きコロナさんが流行しておりますし、

地元での主なイベントとかも、まだ一月で開催されるのが、まだ大分先であっても、

早々に中止を表明しておりますし、

コンサートとか人が集まる、それなりの規模のイベントとかも、

延期やら未定となっております。

 

 

まぁまだまだコロナは収まらない、といった見立てでしょうか。

 

 

まぁかなり小規模なライブみたいなのは、たまに見かけますが。

 

 

楽器学入門 ―写真でわかる! 楽器の歴史―

 

 

で、そんな中、なんか久しぶりに会う知人にあったのですが、

なんか今、楽器の営業だか販売だかの仕事をしているとか聞いたのですが・・・

 

 

まぁ詳しくは聞いていないので、なんとも、、、であるが、

 

(どういった物を扱っている楽器屋で、何をどこに売っているのか?とか、

会って会話した時は、興味を持ちませんでした)

 

こんなご時世で売れるのかなぁ~?とか思いました。

 

 

 

なんか地元でも、ショッピングセンター内に楽器屋さんがあるのですが、

土日でも、人があまり入っている様子は見受けられないし、

なんか店員がポロリポロリと暇そうにギター弾いていたりする様子が

見受けられるのですが、、、

 

 

まぁライブイベントとかも消極的ですから、人前で弾く機会は減りましたよねぇ。

 

 

まぁ家の中でこもりながらも、

ギターだかなんだかの練習したりする人はいるのでしょうが、、、

コロナブームが去ったら、また活動したいという意志を持ちながら、

技術を鈍らせないように。

 

 

楽器の絵本ヴァイオリン

 

 

で、まぁこんなコロナの流行最中でも、どこで楽器が売れるんだろう?とか

考えていたのですが、やっぱ学び舎関係の類いですよね。

 

 

毎年、新しく入門してくる若人なりに、一応こんな中でも、

笛やら、吹きながら弾く楽器やらは買わせたりするのでしょうよ。

 

 

これは初めの学び舎と、、、あと中間の学び舎でもなんか笛買いましたから、

毎年売れる物でしょうよ、、、一定の販売は確定ですね。

 

 

それに中間の学び舎とか、高い学び舎なら、吹奏楽部にも、

様々な楽器はやはり売れるでしょうよ。

 

 

まぁコロナ渦であっても、それなりの規模の演奏会みたいなのは控え気味でも、

練習や、身内の中でのちょっとした演奏くらいはしますでしょうからねぇ~、

やっぱ新しい楽器は必要でしょうよ。

 

 

 

で、あと、どこに売れるのかというと、

同じ感じで楽器の練習やらに必要というのでは、

様々な演奏団関係やらには売れるでしょうよ。

 

 

いつの日か、コロナがおさまって、自由に人前で演奏できる日を心待ちにしながら、

大人しく練習にはげむのでしょうね・・・

 

 

 

・・・まぁ音楽関係者、、、も、かもしれませんが、

他の様々なイベントとかで動員される人の大半が、

しばらくの間、イベントしたくてもできないので、

ゆっくり休めるとか、思っているかもですがねぇ~。

 

 

普通に仕事できなくとも、そう思っている人は、それなりにいると思う。

 

 

給料が減るから、、、とか、そういうのはありますが、

それ以上にやはり仕事を休める理由が社会的に、できるのは、うれしい。

 

 

ケータイに便利な世界の楽器詳解図鑑

 

 

 

<音楽 楽器 販売 営業>