おすすめ記事(スクロールできます)



電車のレール(線路)は、定期的に交換とかしているのか?

 

 

うろ覚えで書くので、あしからず。

 

車が通る道路とかもよく、ひび割れたところは、工事して

直しているのを見かけますが、

電車のレール(線路)だって、日に何度も電車が通過するので

それなりに古くなったり痛んだりはしていると思う。

 

ならば、いつレールが痛んでいるのかを調査して、

修理ないし、交換をしているのだろうか?

 

どうやら調査自体は、昼間とかでも、

電車の通る合間に、スキを見て、普通に点検しているらしい。

やるじゃん。

 

そんな感じで、年に一度以上は、目でレールを見て確かめたり

なんか定規を使って、レールがどのくらい、すり減ったのか

とか、調べてはいるらしい。

ふ~ん。

 


 

 

あと、なんかレールの外部だけでなく

内部も、どれだけ痛んでいるのかを調べるために

超音波で、レールの中を調べれる電車?みたいなのも

走らせて調べているらしい。

 

それで、レールの中が、どうなっているのかも分かるのか。

すげぇ。

 

それで一律的に、どのくらいのキズやらヒビが入っていたら

レールを交換する、とかいう基準はないらしく、

なんか、これは、ちょっとヒビ入っている程度だけど

放置しておいたらヤバそうだな、とか思ったら

裁量で交換したりすることにしているらしい。

 

で、交換するのは、さすがに昼間に

電車の合間を見て

ササッと交換するのは無理だから

夜にやっているらしい。

 

まぁ、そりゃあなぁ、、、

 

だけど、これはすぐに換えた方がいい、夜まで待てない!、、、

とかいうレールを発見したならば

昼間でも交換するらしいが。

 

まぁその際にも、電車の運行に差し支えがないように

上手く考えてやるらしいですけれども。

 

まぁとにかく、

どのレールも、定期的に時期が来たら

ジャンジャンはがしては、交換しているのかと

思っていたのですが、

点検して、これはもう古くなっているから、痛んでいるから

そこだけ交換する、、、

ってことになっていることでいいのか、基本。

 

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

ライオンの排泄物で電車事故を防ぐ話

 

なぜ開かずの踏切は放置されるのか?

 

 

 

 



 

<レール 電車 線路 修理 交換 点検 いつ 定期的 鉄道>