警察にツテがあると言い詐欺したら島流し

お金たくさん

 

 

今現代でも、警察官を装ったり、

警察に知り合いが働いているとか言って

金をくれれば犯罪をもみ消してやるなどの詐欺みたいなのが

たまに見かけますが。

 

 

江戸時代にも、それに似た感じの犯罪があったのか

それに関する法律で

 

「 当時の警察署で働いている人にツテがあるから

(知り合いがいるから)などと言って、

嘘を言って、人からお金をもらった人は、

島流しにして、地元から追い出して、どっかへ飛ばす。

そして、金をあげた人には罰金をかします 」

 

、、、とかいう法律があった。

 

 

それにしても賄賂?を渡した人も、罪に問われるのか。

騙されてお金を渡しただけであり、

一見被害者にも見えなくもないが。

実際に警察にお金が渡るわけでもなし。

 


 

 

おそらく、そんなもん信じて、警察に金を送って

なんとか口を効いてもらおう、

都合をつけてもらおうとか考えたやつ自身も、けしからん。

今後、こういうことの起こらないように、

ちゃんと処罰しようということになったのであろうか。

 

 

現代で言えば、十分贈賄罪になりえたのかもしれませんね。

 

 

 

ああ、でもたしか、江戸時代って

法律で禁じていたのかどうかは知らんが

普通に賄賂(贈賄・収賄)自体は日常茶飯事とか聞いたんですがねぇ。

 

 

そう考えるのであれば、お金を渡したうんぬんではなく

当時の警察官を装って、いろいろやること自体がアカンですよ、

ということになるのか。

 

 

そうであれば、騙されて金を渡したヤツは、

まぁとりあえず処罰しておこうみたいなノリなのか。

島流しに比べて罰金だから、まぁマシになっているとも、とれよう。

 

 

 

あと、余談ではありますが

警察にツテがある、知り合いが働いているから

都合をつけてやろうか?と言って

詐欺をおこなって金をもらった人は罰せられるとか、今回、書きましたが、

もしかしたら、そういう話では無く

普通に、脅迫として、自分に警察にツテがあるから

お前みたいなヤツのことをいつでも牢屋にぶちこめるぞ!

嫌ならお金を渡せ、という感じでお金をまきあげるヤツもいたかもしれませんね。

 

 

そういう場合だったら、しかたないから、金を渡してしまった人は

罰金とかにはかせられないのでは?

完全に被害者ですから。

 

 

 

 

 

<江戸時代 罰金 詐欺 島流し 警察官 奉行所 役人 過料 コネ コネがある 嘘 ウソ>